プラスの言葉

 

 お食事が終わった後、
 レジカウンターやテーブルで
 「お味は、いかがでしたでしょうか。」
 と尋ねるより、
 「おいしく召し上がっていただけましたか。」
 と 
 ”おいしく”を言葉に出すことで
 プラスの印象をもってもらう言葉遣いを
 意識することは大切なことです。


 例えば、
 アイスコーヒーテイクアウトのお客様に対して
 シロップやフレッシュなどの備品を
 少し多めに入れて差し上げても、
 「お客様、シロップとクリーム少し多めに入れておきましたね。」
 と声をかけなかったら、
 間違ってたくさん入れたと勘違いされ
 サービスのつもりが、誤解されたりします。


 また、
 常連のお客様で
 いつも同じ商品をご注文いただける方には
 相手が注文される前に
 「いつもの〇〇〇ですか?」
 と 笑顔で尋ねます。
 どんな答えであろうが、
 確実にお客様との距離は縮まります。


 サラリーマンのお客様に
 おしぼりをお渡しする時
 「お疲れさまです。」
 雨の中ご来店頂いたゲストには
 「雨の中、ご来店ありがとうございます。」

 
 日頃から
 一緒に働いているスタッフや業者さんに
 「ありがとう!!」



 清々しい気持ちになれる
 『プラスの言葉』
 実践していきましょう!!!
[PR]

  by carlo-k | 2011-06-17 15:06 | 仕事

<< 還暦 4役会 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE