最悪



     『お客様がお支払いいただく対価に、
      それ以上の値打ちのある料理、サービス、空間、時間を提供すること』



     これは、
     私達の当たり前のミッションです。

     その一方でレストランを利用されるお客様にも
     一定のルールが求められるはずです。
     そのルールを蔑ろにするお客様に対しては、
     自尊心を持ってことに当たり、
     媚びたり、侮ったりしないことが大事だと思っています。


     昨日、
     弊社のあるレストランで
     貸切のご予約をいただいたお客様が
     なんの連絡もなく来店されませんでした。
     ご予約人数は60名、時間は20:00より。

     当月はじめにご予約の電話をいただき
     それから会の趣旨やフロアーレイアウト、
     人数変更や食材の好き嫌いの確認等、
     私たちはそのお客様の年末の宴会をより良いものにしようと
     シュミレーションを重ねスタンバイしました。



     当日、
     そのご予約のお客様はひとりもご来店いただけませんでした。
     なんの連絡もなく。

     こちらから、
     幹事さまに連絡をとっても繋がらず、
     留守番電話も無視され、
     しまいには不通になる始末。

     欧州ではレストランの予約は「契約」と同じに扱われます。
     何よりも、
     こちらが真面目に取り組んだことに対し
     軽々になかったことにしようとしていることに対して
     本当に残念で悔しく、
     悲しくて呆れます。


     とにかく、
     どうゆう理由にせよ 謝ってほしい。



     こういう理不尽な方に対して、
     弊社は徹底的に戦います。
     泣き寝入りは絶対にしません。











[PR]

  by carlo-k | 2014-12-27 12:04

<< 快晴 必要な考え方 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE