手紙

d0101515_13463069.jpg

 このブログやFBを通じて
 弊社レストランで昨年末おきた事件を
 自分達の想いをのせながら書いたところ、
 今までにたくさんのアクセス、
 多くの業界関係者の方々からのメッセージや
 マスコミ関係の取材要請などをいただき、
 事の大きさを改めて感じております。

 
 
 先日、
 本人より賠償責任を果たした上で
 店舗に謝罪の電話がありました。

 その2日後、
 店舗あてに謝罪の意を綴った手紙が届きました。

 そこには自分の無責任で不誠実な行動で
 たくさんの人を傷つけ迷惑をかけたこと、
 弁護士からの通知で
 ようやく謝る機会をもらったこと、
 などが
 手書きでびっしりと書かれていました。

 「60名もの空席を頭で想像したとき
 事の重大さに血の気が引いてしまい、
 自分の過失に動揺し怖くなり
 どうしたらよいのかわからなくなってしまいました。」

 最後には、
 「今後、どこのお店に対しても
  決して今度のような不始末を起こさないと誓います。」

 と、ありました。

 この手紙で、
 私達の気持ちも一区切りできたように思います。

 
 レストランは、
 お客様に喜びや感動をご提供できる空間であり
 素晴らしい仕事でもあります。
 レストラン業を営む一人として
 今後もより一層精進していきたいと思います。

 ご心配をおかけした皆様、
 ありがとうございました。


 株式会社カンパーニュレストラングループ
 代表取締役 堀 勝彦



[PR]

  by carlo-k | 2015-01-27 13:44

<< 新作! 極める >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE