物語

d0101515_17332417.jpg



   僕らが
   料理やスイーツ、ワインなどを提供するときに
   大切なことは
   お客様にとっての付加価値を高めること。



   先日、
   ウナギ専門店に行った時のこと。
   ピクピク動いてる心臓から、
   首肉や内蔵など
   様々な料理法で食べさせてもらった。

   「鰻はねえ、蒲焼や白焼きだけじゃないのよ!」って。

   なんか、
   ウナギにもこんな食べ方があって
   部位ごとに食せるんだという概念を教わった気がしました。
   逆に言うと
   自分の知らないことを
   情熱を持って教えてくれることが
   その店の魅力(付加価値)になっているんです。


   ひとは
   自分の知らない物語を付与されたときに視点が変わります。

   『なるほど~、勉強になったわ!』
   『これはひとに自慢したくなるな!』

   というのが大事ですね。




   作り手側は
   「美味しいものさえつくっていればわかってくれる」
   と思いがちだけど、
   食べる側は微妙な味の違いには
   往々にして気づかないことが多いものです。

   だからこそ、
   そのこだわりを熱心に伝えることで
   お客様が食事をするときの楽しみが膨らんで、
   付加価値につながる。



   物語を語ることが、商品の価値を上げるわけです。





[PR]

  by carlo-k | 2017-07-10 17:33

<< ウイスキーフェスタ 自社農園 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE