前提条件

d0101515_16302860.jpg



  知り合いの店舗会議に
  オブザーバーとして出席した時のこと。

  社長が
  新商品やメニューの作戦を店長に話したとき
  「ちょっと難しいですね…。
   第一 オペレーションが乱れます。」

  このやりとりって
  よくあるパターンです。


  現場責任者は、
  どうしても自分達の作業や
  オペレーションがリアルに見えるので
  そのことが先に気になってしまいます。

  しかし、
  そのフィルターでものを考えると
  結局ショボイ発想と
  アイデアしか上がってきません。

  先ずは、
  お客様にとって魅力的か?
  お客様が得をするか?
  想像以上!感動以上か?

  ということが大前提です。

  さらに、
  その状況をイメージした時に
  現場スタッフがワクワクできるか?

  ポジティブに楽しく発想しようとすることが大事です。


  もちろん
  「確かに良いことだしやってみたいけど、
   どうしても無理かなぁ」
  となることもあります。

  でも、 
  最初から
  「そんなの無理ですよ」
  と却下になることと
  結果は同じだけど
  意味は全く違います。


  「出来る」か「出来ないか」の前に、
  「お客様にとって魅力的かどうか」を
  議論することが前提条件です。



[PR]

  by carlo-k | 2017-11-07 16:30

<< 和食 ことわる見識 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE