和食

d0101515_13260018.jpg



 「2013年の12月に
  和食がユネスコ無形文化遺産に登録されてから
  日本食は日本人が思ってる以上に
  海外では高く評価されているんですよ。」


  京都にある老舗料亭のオーナーと話したときのこと。


  そのお店には
  いろいろな国から外国人が修行したいと
  やってくるそうだ。

  そのとき彼らに
 「なんで日本食を学びたいんだ?」と聞くと
  だいたいこう答えるそうです。


 「和食は儲かる。だからやりたいんだ。」


  海外で日本食レストランが増えたといっても、
  中華料理店と比べれば 
  まだまだ少なくて希少価値がある。
  しかも低カロリーで
  ヘルシーというイメージが定着しているから
  あっという間に繁盛店になるんだとか。


  まあ、
  どのレベルまで習得するのかとか
  食材の問題とかがあるし
  一概にはいえないとは思うけど。


 「ところがねえ、
  日本の若者は日本料理の店では
  働きたくないというもんが結構いるんですよ。
  修行が厳しいとか理由は色々あるかもしれませんが、
  海外から人をもっと受け入れて、
  日本の若者に刺激を与えないと…。」


  こっちのほうが
  言いたかったことのようですね。



[PR]

  by carlo-k | 2017-11-10 13:25

<< 和モーニング 前提条件 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE