<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

武士の一分

先日、レイトショウで観てきた。

平日のレイトは、300人前後は入るホールに
10数人しかゲストがいないことが多くて
カップル席に、コーヒーをすすりながら陣取ると
それだけで贅沢な気分があじわえて、なかなかお気に入りなんです。

で、

やっぱ木村拓哉ってかっこいいです。

顔もいいのかもしんないけど、

  色気がある。

  華があります。

男も女も、色気や華があるひとって素敵ですよね。




近習組に勤める下級武士の三村は、毒見役に嫌気が
さしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な
毎日を過ごしていたが、ある日 貝の毒にあたり
視力を絶たれてしまうんです。

三村が加世に離縁を言い渡すシーン
里芋の煮物から、加世の存在をあてるシーンに
涙腺が、緩んだ!ゆるんだ!
元宝塚の壇れいも、すごく美しかったです。

「たそがれ清兵衛」に続く、山田洋二監督の
時代劇ではあるけれど、現代にも通じる
人々の心情が丁寧に描かれていて、心に残った。

ただ・・・・

映像は監督のものであり、原作とはべつものだとは
重々わかってるつもりだが、
藤沢周平原作「隠し剣シリーズ」を読み込んだ
者にとっては、ちょっと不満の塊が ひとつ、ふたつ。
特に、最後の600~700文字程度がキモなのに
あの表現はないだろう・・・・

と、寂しくもありやんした。
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-31 19:48 | プライベート

洋食グラタン御膳

d0101515_14273975.jpg

どうです、おいしそうでしょ?

洋食屋RYOのニューアイテム

   『洋食グラタン御膳』

    と申します。


内容はですね・・・・

○サーモンとマカロニのと~ろとろグラタン(懐かしい味がします)
○旬の白菜&ひき肉の重ね煮込み 特製ドミグラスソース
○手づくり生パン粉で仕上げた白身魚のフライ
○チキンライスとたっぷりサラダ

これに、あったか~い味噌汁がついて
な、なんと 880円!!!


2月1日から、お目見えです。


ps:食後のミニデザートに抹茶ぜんざいが加わりました。
   これがまた、いい感じ。 
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-30 14:27 | グルメ

強い味方

d0101515_164712.jpg
最近、口内炎がよくできるんです。

ココ最近は、でかいのが2つほど居座ってて
しみるんだ、これが(泣)

そこで、ぐっちった友人がくれたのがコレ。

パッケージにも書いてあるけど、
まさに患部に貼るだけなんです。

いままで、軟膏状のものはつかったこと
あったけど、これは初めて。


で・・・
なかなかいいんです。



ちょっとくさいけど、剥れにくくて軟膏のように、べたべたしないのが良い!
熱を吸い取ってくれて、ころあいがよくなったら
ぺロッって剥がれるんです。

なかなかのもんです。

注意:赤いパッチの裏表に注意してください。
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-29 16:04 | プライベート

面接

入社希望者を、面接しました。

現在、調理師専門学校に在学中の女の子。

18歳と19歳のふたりです。

うちの娘と変わらない年齢の子を
面接するとき、どうしてもかぶっちゃうんですよね、これが。

いくぶん緊張しながらも きりっと、真っ直ぐで
実直で、ハキハキしてて、やる気まんまん!



うちでは、新卒・中途採用かかわらず、面接時に作文を提出してもらっています。

       「わたしの夢と仕事観」

飲食業は、はたから見ると華やかに見えるかもしれませんが
じつは、とっても地味な仕事なんです。
スタンバイが90%で、とくにキッチンの仕事は
来る日も来る日も、おなじしごとを繰り返して
そうやって、からだで覚えていくんです。

時間も長いし、妥協しそうになるし、壁が次々とやってくる。

そんなときに、自分を支えてくれるのが
「将来の夢」や「情熱」だったりします。

だから、自分の気持ちを確認してもらう意味で
書いてもらっています。


ふたりとも、採用です。

春から、真っ白な気持で夢の第一歩を踏み出してください。
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-28 15:20 | 仕事

記事

d0101515_141946100.jpg
日本経済新聞の北陸経済欄に、新店舗出店の記事がとりあげられた。

先日、OFFICEに電話があって記者のひとに色々としゃべった。

話しながら、確認している自分がいて、「やるぞ!」って気になる。

金沢駅西口に新規出店する
『カフェ アルコ・stazione』は、
一日の平均利用人口が8万~9万人とゆう
金沢駅コンコースのど真ん中に位置する。

業態は、カフェレストラン。

朝食需要から始まり、ランチ・ティー・ディナー、
それから今回 始めての物販併設店になる。

ここでは、エスプレッソアレンジメントコーヒーのカップ販売や、ドルチェ・ギフト・コンフィチュールなど幅広く販売するほか、エスプレッソ風味のソフトクリームも開発販売する。
キッチンもすべてIH什器でそろえて、厨房環境も万全にして臨むつもりです。

金沢の玄関口にふさわしいカフェレストランにしなければ! 
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-27 14:19 | 仕事

観葉植物 パートⅡ

d0101515_14175549.jpg
これ、
『ミルクブッシュ』
っていいます。

デスクの左脇に居て、
だまっていつも ぼくを見ています。

原産地は、メキシコで学名はアオサンゴ。
そう、見た目もサンゴのように触手がのびてて
グリーン色した多肉植物です。

はじめて見たときは、
「なんか、気持ち悪い奴だな・・・。」
って、印象でしたがなんとなく気になって
何度か逢ううちに、惹かれていったんです。

いまでは、すっかりofficeの一員です。

ただ・・・・
こいつ、枝のような葉っぱ部分が折れやすくて
折れたところから、白くて臭い樹液を出すんです。
しかも、そこからまた新芽が生えてくるのです。
とかげのシッポみたいに・・・・

やっぱ、きもい・・・・
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-26 14:17 | 趣味

日本一のスタッフ

「BOSS、わたし鳥肌がたちました!」

と、まだ働き始めてまもないMちゃんからセキを切るように
聞いたのが、偶然そとで会ったときです。

久安店のアルバイトリーダーTちゃんが店長公休日に
お昼のサービススタッフを集めて、ミーティングを
したときのことだそうです。

「わたし、この店を日本一愛されるレストランにしたいの!」

気持ちの入った言葉に、おもわず圧倒されたとゆうのです。
それから、みんなで「どうしたら日本一愛されるレストランに
なれるか」を、真剣に話し合ったそうです。

ぼくは、感激しました。
「なんて、素晴しいんだろう。」って思いました。

彼女は、もともとパティシエでフロアーサービス
を担当してもらってから5年以上、ずっと久安店を
支えてくれてて、もともと持っているホスピタリティの
高さに加えて、努力家で笑顔のすばらしい女性です。
だから、そのミーティング時、彼女がどんな風に
話しをしてくれたのかが、すぐに想像できました。




今日、久しぶりに昼ごはんを食べに行きました。
カウンターにすわって、料理を食べ終わって

「カプチーノ、ください。」

パントリー担当のmiyukiは、
「わあ、緊張します~。」と言いながら入れてくれたそれは、

「MOLTO BOUNO!」

スタッフのキビキビした動きと、はぎれの良い受け答え。
あったかい笑顔と、やさしいお出迎え。
おいしい、やさしい、おだやかな空気に包まれて
とっても、とってもうれしかったのです。
なによりも、みんながこの店を愛してくれているのが
すごく伝わってきました。


      感動。
 
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-25 17:09 | 仕事

うまいんかなあ・・・

d0101515_1643656.jpg
日経流通新聞に、おもしろい記事があった。

写真のが、それ。

どっからみても、ハンバーガーだけど
実は、ラーメンなんだとか。

福岡のショッピングセンター内のワゴン販売で
売られている「世界初 バーガースタイルラーメン」
は、丸く固めて焼いたラーメンの麺をパンに見立て
て、ハンバーグのかわりにチャーシューを
はさんである。

噛むと弾力を感じる麺に、具材の卵とチャーシュー
にかかったタレがからまる味わいは、ラーメン
そのものらしい。


ラーメン好きの男性客が多いのかとおもいき
や、お客の8割は女性なんだそう。

1日100~150食が飛ぶように売れるらしい。

一度、たべてみたいなあ。
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-24 16:04 | グルメ

器の大きい男になりたい

先日、兼六園に程近い知り合いの和菓子屋さんに顔だしたとき
店の人が、名物の和菓子でもてなして下さった。
まったりとした甘さと上品な味わいに、ほっこりと心が和む。

「以前は、ご来店くださった方全員にこれをお出ししていたんです。
でも、このまえの連休の混雑時に、お客さんから
『昨日、わたしだけ試食させてもらえなかった。』と苦情の電話が
ありましてね。混雑で気がつかず申し訳ありませんでしたと
丁寧にお詫びしたにもかかわらず、そのお客様が観光協会に
再度その苦情を告げたらしいんです。

それで、観光協会から電話が来まして、色んなお客さんが
いるから気をつけてください。って笑い話で終わりましたが
驚きました。好意でしたことが裏目に出てしまって。
以来、混雑時のサービスはきっぱりやめたんです。」

とゆうことだった。

多分この人は、えらく被害妄想の強いひとではないだろうか。
普通なら、少々不愉快にはなっても、すぐ忘れる程度の
ことだろうにと思うが、本人にすれば自分だけ無視されたと
僻んでしまったのだろう。

もちろんこれは極端な例だと思うが、程度の差はあれ
こうしたヒガミ根性の心理は誰の心にも潜んでいないだろうか?

自分は他人からバカにされているのではないか・・・

誰かから舐められているのではないか・・・

とゆう、警戒心を心に据えていないだろうか?


ちなみに自分の胸に手をあててかんがえてみると
「バカにしないでね。」
と思う相手は、待ち合わせに遅刻してくる人だ。

一度や二度ならともかく、毎回である。
たかが遅刻かもしれないが、それは相手を待たせて平気とゆう
無神経さと、相手を軽くみている気持ちの現れと解釈してしまうのだ。

悲しいが、人間は常に相手と自分の力関係を
どこかで推し量って暮らしている。
それだけに、相手が誰であろうが常に自然体で行動している
人をみると大人だなあと思う。

そうゆう人は、物事や他人にこだわらない。
他人と協調はしても流されない。
怒りはあっても、キレない。
かりに、相手の反応が思わしくなくても心持を柔らかに保っている。

そうゆう人と向き合っていると、こちらまで優しい気持ちになってくる。
そんな器の大きい男になりたい!
と思いつつ、今日もつまらないことにイライラしている自分がいる。



繰り返し、反省・・・・
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-23 13:50 | 仕事

そのまんま東

宮崎県知事の官製談合事件で、逮捕に伴う出直し知事選挙で
そのまんま東さんが、ぶっちぎりのトップ当選した。

ニュースや新聞等で、かなり大きく報道されてて
当選確実になったインタビューでも、表情はかたく
満面の笑顔はなかった。

30年近く、同じ人が知事で、そのあとのひとが逮捕。
宮崎県のひとたちは、マジで

「俺たちの県を、なんとかしてくれ~。」

って気持ちを、東さんにぶつけたんだと思う。


20~30代の浮動票の80%以上が、東さんにながれたとも言われている。

一方、知名度だけは群をぬいてて
ほかの連中じゃ、代わり映えしないだろうから、
消去法で彼が選ばれたって意見もある。

ぼくが、宮崎県民だったら そのまんま東に投票するだろうか?

どうしても、亡くなられた青島元都知事と比べてしまう。

真面目で要領がいいとゆうイメージがあるが
かといって、施政は そんな簡単なものじゃないだろうし・・・
ともあれ、県民は行政や政治経験のほとんどない東氏に
県政の刷新を託し、事件で浮き彫りになった
官民癒着や「しがらみ」との決別を強力に求めたわけだ。

東さんは、これから大変だと思う。
モーレツに勉強しなければならない。
その中から、分かってくる事、思い違いしていたこと
などが、たくさんあると思います。

「ぶれないこと。」

政治も経営も、ぶれないことが大切だと思います。


がんばれ~!そのまんま東!!
[PR]

  by carlo-k | 2007-01-22 13:15 | プライベート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE