<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

ごちそう

ぼくにとってのご馳走ランキングの上位には
「カレー」が必ずランクインします。

カレーは小さいときからのご馳走でした。

でも、大人になった今のほうが好きかもしれません。

玉葱の甘みが出てて、甘辛い、よく煮込まれた
欧風ビーフカレーなんて、すごく好きです。
でも、本当はなんでもない家のカレーが一番。
肉とじゃが芋と玉葱、みたいなカレーがいいです。

冷たいカレーも大好き。
朝は、熱いご飯にコンロの上に一晩おいてあった前日の
カレーをご飯茶碗にぽてっとのせて食べると最高!

中学生ぐらいのときに、カレーを弁当にもってきてた
友達がいて、「弁当にカレーか!」って
かなりカルチャーショックでした。
羨ましかったけど、一口欲しいとは思わなかった。
なんとなく他の家のカレーって、どこか抵抗があります。

最近、はずせないのは卵。
半熟にゆでておいて、最後に煮込むときに
丸ごと入れるんです。
それと、セロリ。
固い皮と筋を取って、すりこ木なんかで全体を軽く叩いて
手で一口大に割ります。
ボールに入れて、塩、オリーブ油、酢を入れて
黒コショウを多めに挽いてラップをして冷蔵庫で
しばらく休ませたものを、たっぷり添えます。

あぁぁ・・・、食べたくなってきた。
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-25 16:09 | グルメ

プレッシャー

「プレッシャーに負けない自分になりたい!」

仕事関係のK氏が叫んだ。

うちのスタッフにも、プレッシャーに苦しんでる
ひと、結構いるなあ。

僕は、プレッシャー 大好きです。

プレッシャーって、自分に寄せられる期待だとおもう。
だから、チャンスなんです。
自分が置かれた状況に対して
「これ以上、無理かもしれない・・・。」なんて
考えて、プレッシャーを生んでるひとって多いと思う。
でも、本来やる気はあるのに自分で限界を
設定してしまうのは、もったいない!
プレッシャーを感じるのは、「がんばる余地がある」
ことの表れで、苦しいかもしれないけど
感じないより感じたほうがいい。

そして、
プレッシャー=自分が伸びるチャンスと捉えて
自分や周囲を客観的に捉えなおしてみる。

「プレッシャーを感じたら、逃げたり諦めたりせずに、
 いい仕事をすることで跳ね返しましょう!!」
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-20 11:32 | 仕事

ままならないこと

最近、思う。

「ままならない」ことに出会う機会が少なくなってきているなあ。

考えてみると、自分のキャリアやスタイルが
ある程度出来上がってきて、心地いいところだけに
身をおいても十分にいきていけるからだと。

しかし、それでは下降線をたどるのは目に見えてるし
だいいち老け込んでしまう。


先日、バイクに乗ってたとき急に雨が降ってきて
ずぶぬれになった。
バイクは、ままならない乗り物だ。
免許ひとつ取るのもままならないし
雨が降れば濡れてしまうし
風邪が吹けば、危険な思いもする。
そして、なんといっても冬は寒い。
でも、そこがいいのである。

車に乗っていると、ほとんど窓さえ開けないから
風はおろか空気さえ感じ取ることができないが
バイクに乗ると、船乗りのように天候や自然を
気にすることになる。

自然とともに走り、自然の声に従って走る。
そうすると、自然がバイクを妨げることもあるけど
自然の力をからだに受けることも出来る。
風を感じて走り、夕日を追いかけて走ることが
なまった自分を、もう一度元気にしてくれるのだ。

ままならないところに、もっと自分から出て行こう!
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-13 10:39 | 趣味

「クロックス」

最初は、「旅館のトイレにあるような、ダサイ ゴムスリッパ。」
とゆう印象だった。

この夏のトレンドリーダーのあいだでマストアイテムとなっている
最先端サンダルなのだ。

履いてみて、びっくりした。

「すご~く、いいんです。」

まさに、これまで体感したことのない着用感なのだ。

まず、サンダルが足に吸い付いてくる感じがして
靴底も同様に地面に吸い付くような感覚なのだ。

そして、むちゃくちゃ軽い!(約170g)
ほんで、むちゃくちゃ柔らかい!

ゴムや革のサンダルだと、足とサンダルの間に
滑りと遊びがあるけど、これは その遊びがなくて
要は足が疲れないのだ。

プラスチックでもゴムでもない
「クロスライト」とゆう新素材。

フリースが毛糸にとって代わったように
将来、クロックスが足許素材の代名詞になるかもしれない。
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-11 14:46 | 趣味

ファッション店誘致

金沢市がだしているPR用パンフをみた。

「かなざわファッションストリート創出事業」として
中心部の武蔵・香林坊・広阪の約1.6キロを対象に
ファッション関連店舗を誘致して、金沢の目抜き通り
の魅力や入居の助成制度を説明してあり、誘致に
つなげるものだ。

北陸新幹線の開業をにらんで、ファッション産業の
集積による街の活性化を目指しているとゆう。



高級ブランド専門店、ギャラリーや工芸品店、
ファッション性の高いカフェなどを誘致するもので
審査を通ると、出店者には なんと!2年間は家賃の半額
と店舗改装費用の三分の一が助成されるのだ。
おまけに、仲介者には報奨金として家賃1ヶ月分を贈呈。

ふとっぱら、金沢!!
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-09 14:32 | 仕事

広島

d0101515_13241984.jpg

全行程1500キロのツーリングを計画する
きっかけは、「広島の原爆資料館が見たい。」
とゆうユーマの言葉だった。

どうせ行くなら、原爆記念日にしようと
時間割をして、見所も満載にして・・・と
きずいたら往復1500キロとゆう超ロングツーリング
になってしまった。

仲間につたえたら
「OK。いいじゃない。」ってことで朝6:00に出発。
途中のサービスエリアで加賀の友人と合流して
名神から中国道を経由して山陽道を一路広島へ!



d0101515_13241987.jpg
戦争の悲惨さを再確認してから、宿泊先
の宮島に向かった。

桟橋口からフェリーにのって10分足らずで到着。

「お疲れ様。」って感じで、鹿たちが迎えてくれた。
博多から来てくれた仲間と合流して宴会!!
翌日、早起きして快晴のなか世界文化遺産の厳島神社
にお参りした。

帰りは、尾道から真下に南下して四国へ。
愛媛県までの通称「しまなみ海道」がメチャメチャ素晴らしかった!!!
香川、徳島をまたいで鳴門大橋をわたって淡路島。

大阪に入ったところで、仲間のハーレーの調子が
悪くなってショップにピットイン。
部品交換もろもろで、おわったらもうどっぷり日も暮れて
「大阪に1泊しますか~。」
ってことで道頓堀でホルモン鍋たべて
翌朝7:00に出発。
お昼ごろに金沢着。

あ~、しばらくバイクはいいわ・・・・
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-07 13:24 | 趣味

「若鯱杯」

d0101515_13224581.jpg
愛知県空手道選手権「若鯱杯」出場にため
ユーマと二人で名古屋まで遠征。

極真をはじめてから、初の県外遠征だ。

高校生重量級の部に出場し、結果 準優勝!


地元名古屋、滋賀県、大阪府など
他府県の選手と拳をあわせての試合は
地元のそれとは、やっぱり雰囲気も違って
見てるほうも、緊張してしまった(爆)


組み合わせを見て、「やばい・・・」とおもった。


2回戦目に大阪の黒帯と当たるのだ。

1回戦は、緊張しながらも判定勝ち。

「つぎは、黒帯や。重心を下げてインロー。スタートダッシュでやっつけて来い!」

試合時間1分半。
圧倒的優位に立っている、自分の息子が目の前にいた。
5人の審判全員の支持を受けての判定勝ち。
すばらしかった。

「いける!いけるぞ!!」

決勝は、同じ石川の選手。
前回、百万石杯の帯別で優勝している内灘の高校1年生だ。
前半は、ユーマのペース。
しかし、後半いつものスタミナ切れ・・・
実戦空手は、最後に物をゆうのはスタミナです。
誰がどうみても、ぼろぼろ。
勝敗は、目に見えていた。
惜しかった。
でも、これでよかったかも・・・
外で試合して、黒帯を倒したことが自信につながってくれればいい。

ユーマ、お疲れさん。
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-05 13:22 | プライベート

おもてなし

打ち合わせを兼ねて、某ファミリーレストランで食事をしたときのこと。

おかわり自由のホットコーヒーを先にお願いして、
半分ほど飲んだ後に食事を楽しんだ。

食事を終えて、一呼吸置いて残りのコーヒーを飲もうとしたとき
空いた食器を片付けにやってきたウエートレスさんが
「失礼いたします。」と、すみやかに食器をさげながら
「すいません、コーヒー冷めちゃいましたね。あたたかいコーヒー
をすぐお持ちしますね!少々、お待ちください。」と笑顔で頭を下げられた。

その絶妙なタイミングに「ありがとう、大丈夫です。」と言いながら
「好意に甘えちゃおうかな。」とゆう気分にさせられた。

このお店では、店長以下スタッフ全員が、どんなに忙しくても
温かい笑顔や感謝の気持ちでお客様を見守っている。
フォークを落とせば、その音で気付いてすぐに誰かが
持ってきてくれる。
笑顔と ごく当たり前に交わす言葉だけで安心して、くつろげるのだ。

「おもてなしの心」とは、冷めたコーヒーを飲もうとする人に
「温かいほうが、おいしいはず。」と思う気持ちから
生まれるのだと、改めて感じた。
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-03 10:32 | 仕事

ドンペリ

東京の友人から電話があって、いろいろ情報交換。

その中で、ドンペリのカキ氷の話に 思わず食べたくなった!

東京・銀座の高級フレンチ「マキシム・ド・パリ」のバーで
提供してるらしい このカキ氷
『ドン・ペリニョンのかき氷で、大人の夏を贅沢に味わって』
と題してマスカットなどのフルーツの果実にハーブ飲料を
かけて凍らせたものをクラッシュして、お客の目の前で
たっぷりとドンペリをかけてくれるらしい。

気になるお値段は、2100円也。
うちのレストランでもやってみようかな・・・
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-02 10:02 | グルメ

アイスコーヒー

d0101515_9531553.jpg
カフェ・アルコ スタツィオーネで出している
プレミアムアイスコーヒー「トアルコトラジャ」。

キロ当たり○千円の、こだわりのアイスコーヒーだ。

苦味と酸味のバランスが、抜群なんです。

今朝も、朝から1杯飲みながら新聞をチェック。

「いらっしゃいませ、おはようございます!」
「いってらっしゃいませ。」
と、元気のいいスタッフに元気をもらいながら
さあ、今日も一日頑張るぞ!!
[PR]

  by carlo-k | 2007-08-01 09:53 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE