<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

今年一年、ありがとうございました。

毎年、この時期になると決まって思うことがあります。


「今年一年、あっという間だったなあ。」


それも、ここ5~6年は、とくに速く感じて
年々、速度を上げてる感さえします。

会社経営や自分自身に対して、いくつかの
テーマを掲げて取り組んできたけど、
高いレベルの達成感を感じるのって、難しいですね。

そんな中のひとつだった、このブログ。

会社の広報担当から、
「BOSS、ブログはじめたら。」
と、促されて 自分の感じたこととか
経験したこと、日常のことがらなどを
脈絡なく書いてみたけど、いざキーボードの
前に座ると、なんか難くなってしまって・・・。

来年は、もっと柔軟にライトな感じで
書いてみようと思っています。



会社の来期のテーマは
「お客様を楽しませることが、私達の喜びです。」
そのなかでも、
「当店がお客様に何ができるか」ではなく
「お客様が当店に期待されるのは何か。」
とゆうところに、発想の力点を置いて運営していきます。


最後に、今年一年つたないブログを読んでいただき
ありがとうございました。
良いお年を、お迎えください。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-30 15:52 | 仕事

白戸家の人々

テレビは、あんまり見ない(見れない)のですが
このCMは、かなりイケテルと思う。

シリーズ物で、もう何作あるんだろう。

予想外な家族シリーズでの、
「店頭」編や「お兄さん遅刻する」編も
かなり面白かったけど、
やっぱし笑えたのが
ホワイトプラン「お風呂」編だ。

黒人で長身のお兄ちゃんが、白い柴犬の
お父さんの背中をあらいながら
「ホワイトプランって、なんなんだ?」
ってゆうお父さんの質問に答えながら
途中で、お湯をかけて
「あちっっ!」って、柴犬のお父さんが
飛び上がって、「すいません・・・。」ってやつ。

めちゃ、はまりました(笑)。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-28 14:10 | 趣味

クライマックスシリーズ

昨日、ある雑誌にでてた中日ドラゴンズの落合監督
の対談記事を読んでて、理不尽な思いがよみがえってきた。



こんなバカな話があっていいのか?

プロ野球のペナントレースは、きつい長旅のようなものだと思う。
毎年、2月にキャンプインして長いシリーズを戦い抜く体力と
技術を蓄えて、4月にペナントレースが開幕する。

各チームがスタートダッシュを狙い、熱い夏にデッドヒート
を繰り広げ、秋にはいよいよ優勝争いが佳境に入る。
そして、このサバイバルレースに勝ち抜いたものだけが
優勝を飾れ、感動と達成感を得れるのだ。

ところが、今年は何がなんだかわからない長旅になってしまった。

144試合を戦い抜いて、ジャイアンツが見事優勝!
美酒を浴びたはずだったのに、クライマックスシリーズで
ドラゴンズにやぶれ、日本シリーズに出られなかった。

こんなバカな話って、ある?

春からずっと頑張ってきて、ついに首位を守りきったとゆうのに
こんな終わり方があっていいんかい!
だいたい、こんないびつな野球のルールを
全国の野球を愛する少年球児や高校野球選手に
どう説明するんだろう。
一生懸命練習して、せっかく地方予選で激戦を勝ち抜き
優勝したのに
「たしかに君達は優勝したけど、2位のチーム
ともう1回試合して、そこで勝ったら甲子園に出してあげる」
と言ってるようなものだ。

たしかにシリーズの来場者数は、ペナントレースの
ジャイアンツ戦のそれより、5000人多かったとゆう。
金儲けも大事やけど、144試合戦ってきた結果が
たったの数試合でひっくり返されてしまうなんて
どう考えても、不条理だ。


こんなクライマックスシリーズなんて絶対にいらない!!
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-24 12:55 | 趣味

新商品

d0101515_14411079.jpg
メガたまごセット。

う~ん・・・。

CMと違いすぎる・・・。

ものすごく食べにくい・・・。

パテが3枚も入ってるけどパサパサ・・・。

一番、期待してた玉子がカチカチ・・・。

立派なパッケージだけど、内容に金かけろって感じ・・・。

これで660円・・・・TAKA!!
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-23 14:41 | グルメ

ミールス

「僕ん家で、一緒にランチしない?」

友人のクマールさんに誘われた。

彼は、インド人だ。

前から、インドは広大で民族や言語(公用語だけで、なんと14語!)
も多種多様なことや、日本にあるインド料理店はほとんどが
北インドのものだとゆう話を聞いていました。

北インド料理の特徴は、濃厚でドロッとしたカレーを
ナンと一緒に食べるが、南はカレーが汁っぽくて
米と一緒にたべるそうだ。

テーブルに皿代わりに使うとゆうバナナの葉がひかれて
上のほうに8皿の小皿を並べる。
真ん中に、ご飯をもって、右側にバナナ。
「ミールスは、インドの日替わり定食のようなものだよ。
唐辛子を効かせた汁っぽいカレーのサンバル、にんにく
入りスパイススープのラッサム、それにヨーグルトが
必ずはいって、あとは炒めた野菜などがつくんだよ。」

クマールさんにレクチャーしてもらいながら
薬味セットの豆の粉とギーと呼ばれる水牛のバター
をご飯にかけて、手でこね始めた。
ヒンドゥー教では、左手は不浄とされるので
右手のみを使う。

インディカ米は、ぱらぱらしてるのでスプーンだと
米と具が完全に混ざらない。

「手でこねると米の一粒一粒に味が染み込むんです。」

最後は、ご飯にヨーグルトをかけて辛いピクルスと
一緒に食べて、デザートのバナナで締めくくり。
彼のバナナの葉の上には、米一粒もなく
元通りになっているのに驚いた。


「手ですくうから、きれいに食べられるんだよ。」
う~ん、ムズカシイ・・・。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-22 13:33 | グルメ

人と人

最近の暗いニュースには、閉口してしまう。
人間の繋がりって、なんだろう。

自分との違いをふまえた上で、相手と相手の持つビジョンに
敬意を持って、何かを一緒にすること。 

これは友情関係でも、恋愛関係でも、夫婦でも、ビジネス上でも
もっともベーシックで重要な関係性だと思う。

個人が、プライドをもって生きているか・・・でもあると思います。


ある意味で「職人」かどうか。
やる事への誇りと責任と情を持っているか。


絵や文章、音楽やデザインなどで表現する人、
製品を売る人、物を創る人、パンを焼く人、
無農薬野菜を育てる人、介護をする人、医者、先生、社員。
それぞれ違う分野の人たちが、自分のやってることに
誇りをもっていれば、必ず世の中は
もっと優しく、居心地のいい場所になる。

しっかりした個である大人は、たぶん行き着くところも似ていて
環境や自然や日々に思いやりを持つのだろう。

小さくても、良いバイブレーションはあっちこっちで
本来の人間同士の繋がりを生み出して
音が空気を伝わるように、浸透していく。

そんな心のゆとりの様なものが、とても大切に思う。

そのゆとりが積み重なって、日々はどんどん
豊かになって、それが結局自分の大切な人の為になって
子供たちのためになる。


もう自分のことだけを考えていればいい時代じゃないんだ。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-21 18:46 | 仕事

コラーゲン鍋

d0101515_14161695.jpg
東京出張の折、コラーゲン鍋がスパーク
しているとの話しをきいて、友人のエステ
グループ社長と興味津々で食べに行った。

場所は、中目黒。
この周辺は、芸能関係の人間が多く住んでいる
ことで知られているらしい。

1軒目のお店は、サイト上でも一番評判が
良かった店で、平日にもかかわらず
予約でいっぱいだった。

鳥のあしでとったとゆうコラーゲン鍋は
よく言えば「あっさり」して「ヘルシー」だが
鍋そのものにインパクトがなくて
パンチもメリハリもな~い。

期待感が大きかった分、肩すかし状態で
少々フラストレーションを感じつつ
2軒目に予約していた「コラーゲン鍋」を
出すホルモン屋さんに向かった・・・。
・・・が、ここがなかなかおいしかった!
野菜たっぷりのモツ鍋で、韓国風の辛いのと
ノーマルが選べて、見た目もインパクト大。
すっぽんと鶏から摂ったとゆうコラーゲン
スープもコクがあってうまい。
モツも入ってるから、トリプルコラーゲンだ。

・・・しかし、食いすぎで、今日は何もいりません。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-20 14:16 | グルメ

愛犬と一緒

横浜市で船上レストランを運営するロイヤルウイング
とゆう会社が、愛犬と一緒に船の上で食事を楽しめる
「わんわんクルーズ」ってゆう企画を実施してて
先日、犬好きの友人が利用したときのこと。

乗船条件が結構こまかくて、
12キロ以下の犬で、
ワクチン接種済みで、
発情期でなく、
船内では洋服とオムツをつけることが義務づけられている?そうだ。

しかも、犬連れの客は専用の個室での食事となり
一般客と隔離され、乗船時間もずらして乗り込むらしい。

「なんか、窮屈で 意味なかった・・・。」とのこと。

犬嫌いの一般客への配慮だと思うけど
犬好きにとっては、ほかのワンちゃんや飼い主との
情報交換やコミュニケーションが楽しいのに・・・。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-18 19:15 | 趣味

パクチー

世田谷にオープンした「パクチーハウス東京」。
その名もズバリ、東南アジア料理でおなじみの
ハーブ、パクチーをつかった料理の専門店に行って来た。

英語ではコリアンダーとよばれる香菜
パクチーをデザートを含め約25種類ある。

「パクソースのパスタ」をチョイス。
パスタにパクチーのペーストソースが
絡めてあって、さらに好きなだけパクチーを
ふりかけて食べることができる。

・・・・しかし、無理!
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-13 20:00 | グルメ

焼きたて!

d0101515_147362.jpg
レストランでは、毎日手作りのパンを
お出ししています。

フォカッチャやグリッシーニ、くるみパン
などパン屋さんのそれとは違う
レストランの料理人が作り出すパンは
料理の味を邪魔することなく、相性や
存在感をテーマに焼き上げています。

写真のパン、じつはpizza生地でつくる
パンです。
生地を小さく丸めて、バットに並べて
発酵させて、180℃のオーブンで20分
ほど焼き上げると、外側はカリッとして
中はふわっふわ!

黒ゴマをふりかけたり、オリーブや
香草をのせたり、なんともいえない
幸せな味です。

しかし・・・
このパン、出来立てのみがおいしくて
時間が経つごとにかたくなってしまうのです。

ですから、タイミングを見極めて
焼き立てのみをお客様に出すようにしています。
[PR]

  by carlo-k | 2007-12-11 14:07 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE