<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ロンリープラネット 英語版

d0101515_133856.jpg

最近、オステリアに外国人のお客様
が増えています。


もともと外国人の来客が多いレストランだったけど
ここ最近ぶあっ~と増えてきて、なんでやろ??って
思ってたら、原因が解ったんです。

お客様の1人がもってたガイドブック
「ロンリープラネット Japan」に、
なんと!掲載されていたんです。
このガイドブックは、僕もイタリアに居たときに
スイス旅行したとき使ったことがあるんですが
世界最大の旅行ガイドブックで、個人旅行者向けの
わりと質の高いガイド本とゆう印象でした。
特徴は、よくあるガイドブックのように、きれいな
写真や広告のたぐいは一切なく、ほとんどが
テキスト記事で書かれています。
また、特定の団体や企業のバックアップや広告、
リベートをうけない雑誌としても有名です。

その金沢紹介欄の飲食店8件のなかで
唯一イタリアンレストランとして紹介されているのです!

『落ち着いたセンスの良いイタリアンレストランで
コースもあるけど、手作りフォカッチャやパスタ、
サラダや料理をフレンドリーでプロフェッショナル
なスタッフが提供してくれる。』ってコメント付き。


ちょっと感動しました!!!
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-25 13:03 | 仕事

お待たせしました!

d0101515_1443271.jpg

金沢の秋は、ほんとうに美味しいものが
目白押しだ。

洋食屋RYOでは、その中でも牡蠣フライの
ファンが多いんです。

牡蠣は寒くなるにつれて、身が大きくなりますが
今年は、この時期でもプリップリでおおぶりのが
毎日入荷しています。
生パン粉を丁寧につけて、外はカリッと中は
ジューシーで、海のミルクがあふれます♪

8~9ヶの牡蠣フライとたっぷりの野菜、自家製の
タルタルソースを添えています。
こしひかりのご飯と味噌汁・お漬物がついて
1300円。

季節限定、旬の味を召し上がってください!
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-20 14:04 | 仕事

八百万の神々

d0101515_1313229.jpg

「ヤオヨロズの神様」と読みます。

森にも林の木にも、太陽にも月にも土にも
川にも水にも、酒にも野菜にも、何かが宿る
とゆう考え方が、最近すごく素敵なことだと思う。

『ありがとうございます。』って手を合わせるような
感覚で、そんな思いを素直にいいんじゃないかと
思えるんです。

四季のある、湿度のある日本の暮らしの中で
かまどには火の神様、水汲み場には水の神様、
そして台所の隅の暗がりには得体の知れぬ
「となりのトトロ」に出てきた、まっくろくろすけ
みたいな埃が積もって。

ほの暗いものや、目に見えないものや、何かの気配
とか、そんなものに何かが宿って、そのなかで
人間は生かされているような気がする。


今朝、トラットリアの中村シェフが畑から
抜いてきたばっかりの土のついたルッコラをみて
益々そう思いました。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-19 13:13 | プライベート

スペシャル!

「ぺトリュス、開けるぞ~。」

号令の主は、NISHIDAさん。
僕が独立開業したときからのお客様で、無類のワイン好きで
知られる人です。
今回は、彼のご自宅で有名イタリアンのオーナーシェフのケータリングを
囲みながら、そうそうたるラインナップ。
もちろん、NISHIDAさん秘蔵のワインたちです。



d0101515_10361985.jpg

オーパス ワン 2003
いわずと知れたカルフォル二ア・カルトの代表的ワイン。
カベルネソーヴィニョン89%の完璧なバランス。



d0101515_10361948.jpg

出たあ~! ルーチェ2001
フィレンツェの名門フレスコバルディとカルフォル二アのロバート・モンダヴィ
がジョイントしたスーパー・プレミアムワイン。
メルロー50%サンジョベーゼ50%、芳醇でセクシーな味わい。


d0101515_10361947.jpg

5大シャトーからは、グラーブ地区 シャトー・オーブリオン94



d0101515_10361995.jpg

メドック・ポイヤック村からは、シャトー・ムートン97
幸せの味がします。



d0101515_10362099.jpg

本日のメインエベント~!!
年間4500ケースほどしか出荷しないとゆう希少中の希少ワイン。
とにかく高価で取引されるワインであまりにも有名なポムロル地区代表
ぺトリュス94.
ワイン会開始早々、いくぶん緊張しながらデキャンタージュしてメルローが
開いてくるのを待った。
このビンテージは、パーカーのポイントでも95点をつけていてそろそろ飲み頃
に来ているとされているけど、どうも香りが上がってこない???
3時間ほど置いたけど、状況はあまりかわらず、結局硬いまんまだった。。。



いや~、しかし まさにスペシャルなワイン会。
すごく勉強になりました。
偉大なワインを惜しげもなく提供していただいたNISHIDAさん、ほんとうに
ありがとうございました!!!


しかし、これを片町のクラブなんかで飲んだら
いくらぐらいになるんやろ・・・・・(爆)。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-17 10:36 | 趣味

いい感じ。

d0101515_1034759.jpg
トラットリアの外装を一新しました。

大家さんのご好意でマンション全体の
塗装色もこちらで決めることができて
「ちょっと、派手かなあ~。」と思いながらも
店長の後押しもあって、ピーチカラーでGO!

細かな修繕もやっつけて、テントもフルリニューアルしました。

う~ん、なんか清清しい気持ち♪
これから、内装もすこしづつ手を加えていくつもりです。


11年目を迎え、新しくなったトラットリア。
なによりも、現場スタッフがやる気満々です!
是非、ご来店ください!!
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-16 10:34 | 仕事

ラスト ツーリングかも?

d0101515_10345257.jpg

恒例のNさん主催の秋のツーリング。

今回は、途中参加者もいて、なんだかんだと20数台になった。

朝7:30に集合して、缶コーヒー飲みながらルート説明。秋晴れの中、白山1周だ。

スーパーバイクやBMW、ハーレーや新型マルチ、オフロードもいればTWも参加しての集団は、しごくセーフティ・ドライブで、これはこれで快適で楽しい~。

郡上でうどん食べて、帰り道でバイクとクルマの衝突事故に遭遇したけど、18:00ごろには皆で「お疲れさん~。」とゆうことで、全行程300km。


やっぱ、ツーリングは最高!
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-13 10:34 | プライベート

スイーツフェア

d0101515_14404258.jpg


第2回の金沢スイーツフェア2008が石川県中央公園で行われた。

今年は、和菓子のショップも含めて、総勢19店舗の実力店が出店して
そのなかに、うちのドルチェ・カンパーニュも出店しました。

初日は、午前中の雨もあってお客様の出足がにぶかったけど、
お昼過ぎぐらいからジワジワと増えてきて、行列が出来始めた。
圧巻は2日目の日曜日。
天気は快晴。
それこそ、オープンから日がどっぷり暮れた閉店まで ずっと列が
途切れることなく、すごい勢いで、まさしく飛ぶようにケーキが売れた。

主催者側に聞いたら、みごとドルカンが売上ナンバーワン!!!!

谷店長をはじめ、ドルチェスタッフが万全の体制で臨み、売り切れを
極力おさえて、出来立てを武蔵の工房から何回も運んだ。
他店からもスタッフが製造に加わってくれて、まさに一致団結した
情熱が、お客様に伝わったんだと思います。


やったね!
ほんとうにご苦労様でした。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-12 14:40 | 仕事

いい天気♪

d0101515_1037156.jpg

秋晴れ~。


朝から天気がいいと、その日1日すべてが
うまくいくような、なんかいい事が起こりそうな
そんな気分になります♪


とゆう訳で、今日は出社前にジョギング。


からだが軽くて、調子に乗って10km走ってしまった。
ああ~、気持ちいい~。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-09 10:37 | 趣味

魔の10分間

先日、料亭や日本料理店のオーナーと話す機会があって
「なるほど」と思った。


玄関をくぐって最初の10分間。
実は、ここで宿や店は客の質を読み取るんだそうだ。
はじめて訪れる1軒、それも見るからに風格が漂ってる
料理屋さんだったりすると、緊張しがちですけど
カップルで玄関をくぐる時など、エスコートのセンス
が試される場所でもあると。
このあたりは、レストランも同じだなあ。


ご主人いわく、
「到着された時の振る舞いを見るだけで、どんな方か
 おおよそのことは分かるんです。」

そこで、失敗しないポイントを聞いてみたら
いくつかに絞って教わった。
引き戸の玄関は、右側を左に引いて開くのが正しいとか、
襖の開け方にも、一通りのルールがあると。
びっくりしたのは、玄関での靴の脱ぎ方。
僕はいつも、正面から無造作に脱ぐのは行儀が悪い
気がして、後ろ向きになって、立ったまま揃えて脱いで
いたけど、じつはこれがかえってスマートではないらしい。
料理屋のひとにお尻を見せて、後退りするように踏込に
上がるよりも、正面向いてそのまま脱いで上がるのが
正しいと。

「靴番の者がおりますので、そろえなくてもいいんです。
 任せるのがスマートだし、『お任せします』と一言添えたらいいんですよ。」

料亭旅館の女将さんは、
「その通り、男性は無理に揃える必要はありません。
 女性同伴の場合、男性が先に靴を脱いで上がって、その後女性が上がる。
 そして、女性が2人分の靴を揃え直すと、とてもきれいで、たしなみのある
 方だなあと思います。」


なるほど~、
   「最初の10分間」
    勉強になりました。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-06 19:06 | 趣味

秋の使者?

d0101515_18475523.jpg

ジョギング中に出会いました。


推定体長18cmぐらいで、角があって
ビビットな体色で、元気がよくて。


おもわず写メしました。


どんな素敵な成虫になるんだろう。。。。
[PR]

  by carlo-k | 2008-10-03 18:47 | 趣味

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE