<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

今年も有難うございました。

今年も残すところ あと2日。

毎年、加速度的に時間が過ぎていって
特に今年ははやかったなあ・・・・

と、
毎年年末になると思ってしまう。


なにはともあれ2009年
ふりかえってみると、色んなことがありました。

年の初めに、愛犬べスが逝ってしまって
その前の月に、親友を亡くしたこともあって
身体の中に、なんかぽっかり穴が開いたような
深い深い悲しみを初めて経験しました。
たぶん10年分ぐらいの涙が出たと思う。

会社的には
組織変更や雇用促進、
現場力を高めるため、
積極的に色んな角度から取り組んできた。

年明けのドルカン移転新装オープン。
イートイン席を増やして
店内の商品構成もパワーUPさせて
工房のインフラも拡充した。

それから、春の近江町出店。
「カフェ・アルコ メルカート」の新規出店は
新しい価値創造という意味では、
挑戦的に踏み出すことができた。


目の前を見ると、
いつも黒々とした「困難」が横たわっていて
後退りしたり、知らん顔したいけど
ちゃんと正面からぶつかっていく
そんな強い信念が、とても大切に感じた年でもあった。


世の中は、
まさに背中を丸めたくなるような
ニュースに事欠かなくて、
なかなか明かりがみえないけど、
2010年、
やりたいことや、提案したいことが沢山あります。


今年一年、
カンパーニュレストラングループをご愛顧いただきまして
本当にありがとうございました。


来年も、よろしくお願いいたします。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-30 10:40 | 仕事

出張

小松空港の出発ゲートに
出発時間の遅れをしらせるアナウンスが
当たり前のように流れた。

空港に向かう高速道路でも
よこなぐりの雪風だったから
やっぱりって感じ。

1時間待って、
さらに搭乗して30分待って
恐る恐るテイクオフ。

約50分後に到着した東京は
ぬけるような青空が広がってて
まるで違う国に着いたかのような感覚だった。




d0101515_1465884.jpg

  浜松町からのモノレールが思いのほかすいてて
  はじめて一番前に座ったら、
  もろにレールが曲がったり上がったりして見えて
  ジェットコースターみたいで(ありえないけど)、楽しかった♪



d0101515_1465874.jpg

   ホテルの部屋から富士山が クッキリ!!



d0101515_1465826.jpg

    食器や備品の買い付けをして
    レストランを5軒ほどまわったけど
    この大不況の波は、東京でも例外ではなくて
    盛り上がりも いまひとつ・・・・。
    そんな中でも、
    「接客力」や「サービス力」がとっても大切だと
    再確認できた。


   深夜に西麻布で、雄(前トラットリア料理長)と合流して
   bianco呑みながら、いろいろ話した。
   顔つきも精悍になって、頑張ってる様子に 嬉しくなった。

   「明日パーティが入ってて、朝7:00起きなんっすよ~。」

   という彼に、3本目のvinoをすすめながら
   夜は更けていった。。。。。

   ちょっと、ひっぱりすぎたと反省(汗)。  
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-19 14:06 | 仕事

「ひと言」

d0101515_1201131.jpg


忘年会シーズンは、
飲食店にとって最大の稼ぎ時です。

逆に言うといつもより沢山のゲストが来店されるわけで、
店にとってはファンつくりの絶好のチャンスでもある。

幹事さんに連れられて初めて来店されるお客様は
常連予備軍だからだ。

でも、
皮肉なことに1年で最も忙しいこの時期は、
店の質が「最低水準」に落ち込むことも少なくない。
客数が一気に増えることで、
普段はしないミスを犯してしまったり
料理の質を下げてしまったりする。

本来の力を発揮できずに、
ファンつくりのはずが、
逆に客離れを引き起こす事態になりかねないのだ。



実は、
そんな繁忙期だからこそ
なにげない『ひと言』や『ひと手間』が
好感度アップに大きな効果を発揮する。

例えば、ゲストに呼ばれたときに

「少々、お待ちください。」

 よりも

「はい、すぐに参ります!」

 と
元気良く応えたほうが気持ちが良い。

なぜなら、
「少々、お待ちください。」と言う言葉には
忙しいのだから待ってくれとゆう気持ちが見え隠れするからだ。
そして、スタッフが席についたら、
「お待たせいたしました。」と頭をさげることで
ほとんどのお客様は、待たされたことを忘れてくれるものだ。


忘年会では、
幹事さんの気苦労が多かったりする。
その一つが、最後の会計だ。
これを、店のスタッフが積極的に手伝うことも
好印象につながる。
宴会終了30分前あたりに、さりげなく
「割り勘にした勘定も出しましょうか。」と提案できれば
きっと幹事さんは嬉しいはずだ。


先日パーティで伺った中華料理のレストランで
手配してもらった帰りのタクシーの運転手さんにむかって
「大事なお客様なので、よろしくお願いします!」
と店長さんが言ってるのを聞いて
気分良く帰れたのは、言うまでもない。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-13 12:00 | 仕事

いつもの

d0101515_1155115.jpg


朝から打ち合わせが続いて、
遅めの昼飯。

そう、洋食屋RYOの出前。

決めていました。

「メンチカツ 食うぞ~!!」


で、

ミックスフライ定食 1000円
のスペシャルバージョン!


ごはんにカレーをかけてくれるのです。
これは、もちろん僕だけじゃなくて
注文したら、誰でもかけてくれます。(プラス100円で)


ミックスフライ定食が、
エビフライカレーになったり、メンチカツカレーになったりします。



旨い♪
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-12 11:55 | グルメ

霊媒師???

先日、うちの嫁さんが
とあることを相談に
評判高い「マザー」とよばれている彼女のところに
いったときのこと。

話の流れの中で、
うちの家の間取りを正確に言い当てたり(もちろん初対面)
どんなロケーションかも当てたりする中で。


 「あら、大きいワンちゃんが居るわね。
  でも、ちゃんとしっかり供養してあげたのねえ。
  すごくよろこんでるわよ。」

 「今でも、あなたや旦那さんの車の音が聞こえると
  ピクッって首を持ち上げて、玄関で待ってるわ。」

と。。。



これは、
間違いなく今年の1月に亡くなった愛犬「べス」のことで
しぐさまで、その通りで。。。



僕は、正直言って 占い師とか霊媒師とかは
基本的に信じていませんが・・・


胸がじ~んとして。
涙腺がゆるんでしまいました。。。。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-10 14:47 | 仕事

マニュアルを超える

サービス力を全体的に向上させるには、
マニュアルが役に立ちます。
マニュアルのよさは、それに沿って訓練すれば
誰でも一定のレベルに到達できるところです。

うちの店舗でも、
最低限のマニュアルを用意しています。
だだし、
マニュアルはあくまでも「もてなし」の
入り口にすぎません。
というのも、いざ実践でマニュアル通りにできても
ゲストにすれば、「できて当たり前」と思うものです。

もてなしやサービスの場では、
『満足』に加えて『感動』や『喜び』を感じてもらえてこそ
「また来よう。」と思ってもらえるものです。


今の世の中は、
「より早く」「効率的に」「低コストで」あることが
求められるけど、
実は、非効率なところにこそ豊かさがあったりします。
プロは、プラスアルファを考えながら
「ひと手間をおしまない」ことが大事です。



先日、ある和食店で会食したときのこと。

食事が終盤に近づいたときに、
女将さんが
さりげなく水を一杯持ってきてくれました。
彼女は、薬の袋を出した僕に気付いて
一言もいわないうちに、
タイミングを見合わせて
もって来てくれたのです。
しかも、この水が冷水ではなく
薬を飲むのにぴったりの常温で用意してくれたことに
僕は凄く感激しました。


満足を超えたプラスの部分が
強いインパクトとなって、ゲストに宿るんですね。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-08 12:45 | 仕事

実技試験

d0101515_182599.jpg


試験当日、
「よし、絶対受かる!楽勝、楽勝!!!」
と自己暗示をかけながら試験会場の
大阪リーガロイヤルホテルに向かった。

今回、1級実技試験を受験するのは3人。
トラットリアの尾山店長と、メルカートの三崎ソムリエと僕。


d0101515_1825993.jpg

控え室で余裕の居眠りをかます尾山店長。。。





あ~~~~、
めっちゃ、緊張した(汗。

こんなに緊張したのは何十年ぶりやろう。。。
ってぐらい、真っ白になった。


制限時間30分。
個室の四隅には審査員がシビアな表情で仁王立ちで、
センターに丸テーブル。
ゲスト役のマダムとMrスズキが座っている。

挨拶から始まり、
食前酒のプレゼンとサーブ、
オーダーテイクの後に、
ローストチキンのディクパージュとサラダメランジェ、
サービスした後に、
クレープオレンジをワゴンサービス。
アフターコーヒーを伺う・・・・。
ここまでを全て英語で会話し、
ワゴンを片付け、スタート地点に戻って
「作業終了しました!」
と、コールする。



一応、時間内にはできたけど・・・・・。
スタート前半は、あんまし覚えてない・・・・・。
ひじょーに、微妙。。。



22日、運命の結果発表です。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-05 18:25 | 仕事

サービス

d0101515_17533282.jpg


約2ヶ月ぶりのアップ。
あ~、しかし、
月日が経つのは、ホント早いですね。


先日、高級旅館で新人仲居さんに対しての
ロールプレーイングを見学させてもらった。
お茶をお出しするという設定で、
約20人ほどの仲居見習いの人たちが、
一人づつお客役のひとに対して接客し、
立ち居振る舞いを厳しく注意されていた。
そのとき、指導役の方が言われていたのは

『わたしたちは、サービスを提供しています。サービスですよ。』

と、何度も「行動が、商品です。」と論していました。


そう、

『行動が、商品です。』

この考え方が大事ですよね。



今日、ある高級車を扱うカーディラーに行った。

フロントで用件を伝えたら
「お待ちくださいませ。」と通された待合は
モダンクラッシックのBGMが流れてイイ感じ。

しばらくしたら、清潔感溢れる制服の女性がメニューを持ってきて

「ドリンクはいかがですか?」

彼女は、椅子に座っている僕を見下ろすように正面に立ち
ほとんど無表情で、僕の顔の目の前にメニューを出した。


なんだか残念な気持ちになって
「いりません。」と答えた。
[PR]

  by carlo-k | 2009-12-04 17:53 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE