<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

春いろ

d0101515_14453087.jpg


 Trattoriaの春色pizza!!
 buonissimo♪
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-30 14:45 | 仕事

賞与

d0101515_13552186.jpg


 弊社の賞与月は
 3月と9月。
 年に2回、
 おかげさまで
 毎年支給しています。

 賞与は給与とは性格が違い、
 利益が出ていなければ捻出できません。

 去年から今年にかけては、
 リーマンショックやタイの大洪水、
 東北の大震災と深刻なデフレと
 外食の出控えが進む中、
 スタッフ全員が自分の役割を全うし
 お客様に喜んでいただけているからこその
 連続支給と誇りに感じます。



 賞与は、現金支給。
 全社員に手渡しします。

 そのときに其々の思いや提案などをヒアリングします。
 大体ひとり10分ぐらいを目途に話しますが、
 ついつい熱が入って、
 次の店舗の時間に遅れたり(汗)

 24期上期、
 しっかりベクトルを合わせられた感じています。


 感謝!!!
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-28 13:55 | 仕事

黒板メニュー

d0101515_1422039.jpg




 近江町いちば館1Fにある
 カフェアルコMERCATO。

 
 比較的よるの営業が弱い武蔵地区で
 ワインとおすすめメニューを楽しむ
 お客様が増えています。

  
 コースやセットメニューではなく、
 其々のお客様が
 自分達のスタイルで楽しんでおられます。


 谷口シェフがつくりだす料理は
 地場の鮮魚を使った市場料理が中心ですが、
 肉料理も見逃せません。



 少し重めのvino rossoと一緒に♪



d0101515_142217.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2012-03-26 14:22 | 仕事

リーダーシップ

d0101515_1241838.jpg


 仕事上で
 信頼関係を深めることは
 とても大事なことです。

 その信頼関係を構築する上で大切なのが
 「リーダーシップ」です。

 これはなにも
 店長や調理長に限ってのことではありません。
 自分が後輩やアルバイトの人たちに指導する
 立場であれば、当てはまることです。



 「リーダーシップ」には
 2つの要件があります。

 ①相手を思いやる気持ちを持っていること

  自主的・主体的に相手を思いやることを指します。
  相手とは、
  お客様はもちろんのこと職場の上司・先輩・同僚・後輩や、
  取引先の業者さんなど、自分以外のすべてを含みます。
  相手を思いやる気持ちを持って、
  その上でさまざまな仕事上のスキルを実践して
  はじめて相手との信頼関係を得ることができます。


 ②自分が模範となること

  たとえば
  どんなに立派なことを言っても
  行動がともなっていなければ誰も認めません。
  「言ってることとやることが、全然ちがう。」
  って言われますようね。
  言うことと行動が常に一致しているからこそ、
  素直に上司や先輩を模範に行動するようになるのです。
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-23 12:04 | 仕事

ご近所グルメツアー vol.5

d0101515_13544187.jpg


 「なんか
  外でご飯たべたい・・・」

 っていう、
 女房の鶴の一声(笑)で
 おなじみの『れのん』へ。

d0101515_13544292.jpg

d0101515_13544237.jpg

 この出巻き。
 ここへきたら外せません!




d0101515_1354431.jpg

 やっぱ、
 旨いわ~。
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-21 13:54 | グルメ

こまった上司・先輩

d0101515_1348198.jpg


  先日、
  異業種の経営者と話したときのこと。


 「最近こまってるのは、
  自分の事しか眼中にない上司や先輩社員。
  言ってることと、やってることがちがうから
  どうしょうもないよね・・・。」


 その社長は、えらく落胆した感じだった。



 うちの会社はどうだろう・・・
 と考えてみたら、

 後輩や部下を
 愛情を持って
 注意する・忠告する・叱る上司や先輩が
 少ないなあと思った。

 例えば、
 後輩や部下のミスに気付いても、
 面と向かって叱ったり注意したりできないのが多い。

 仕事に誇りを持っていれば
 当たり前のことです。

 「叱る」と「怒る」は違います。
 愛情の反対は、無関心といいます。

 その場でキッパリ注意したり叱ったりすることで
 本人も納得感があるだろうし、
 仕事の大切さや
 仕事に対する責任の重さについて実感できるんです。

 それは当然、
 今後の仕事にも活かされ、
 ミスの軽減にも繋がっていきます。


 「愛情」=「しつけ」なんですね。
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-16 13:48

勇気がでる言葉

d0101515_12332636.jpg




元日本代表のオシム監督の言葉から。


「不可能」とは、自分の力で世界を切り拓く事を放棄した臆病者の言葉だ。
「不可能」とは、現状に甘んじるための言い訳にしかすぎない。

ゲームに負けることはある。
ただ負けるにしても自分たちのプレーをやりきって負けるのと、
そうでないのでは大きな違いだ。

練習でできなかったことがゲームで出来るようになるはずがない。
人生も同じ。日々の生活でのことが重要なときに必ず出てしまうもの!

勝とうという気持ちが山をも動かすことも出来るってことをこのゲームで見せて欲しい。
まず自分たちを信じ、そして相手を尊敬すること。だが相手を恐れてはいけない。

やったことが返ってくるのが人生というものだ。

[PR]

  by carlo-k | 2012-03-14 12:33 | 仕事

d0101515_1233416.jpg



 どんな小さなことでもいいから、
 チャレンジをしてもらいたい。
 頭でごちゃごちゃ考える前に踏み出してみる。
 ... 少々壁や何かがあろうが、そんなもの関係ない。
 必ず乗り越えられる。
 壁というのは邪魔をするためにあるのではない。


 究極のエンジョイとは自分の責任でリスクを冒すこと。  


 岡田武史

[PR]

  by carlo-k | 2012-03-13 12:33

ビジョン

d0101515_1541079.jpg


 レストランを開業したいと相談を受けました。


 「小さくてもいいんで、店をやってみたいんです。」

 「は?」と思った。

 大きくて儲かる店をやりたいけど
 最初は小さい店からはじめたい・・・。
 まあ、
 なんでもいいから店を開きたい
 って言っているように聞こえました。



 「こじんまりした小さな店が好きなんです。」

 これは、OK。
 ビジョンが明確ですよね。





 飲食業はピンチの連続です。
 いろんな問題が次々と起こります。
 だけど、
 発想を転換すれば道は見えてきます。
 本当にやりたいのなら、
 継続したいのなら、
 進むべき道は沢山あります。



 「資金がなくて。」



 それは、
 覚悟がないことに対しての言い訳です。
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-09 15:41 | 仕事

原点

d0101515_15544220.jpg


 青空が広がった朝を迎えたり、
 綺麗な夕日が沈むのを見ることが出来たりすると、
 ひとは感動します。

 でも、
 そのことを「素敵だなあ。」って
 思える人が少なくなっている気がします。

 ちゃんと好きだと感じることって、
 一杯のカプチーノを飲んで「ああ~、おいしいなあ。」と
 思えることと同じことです。

 自分が嬉しいと素直に思えること、
 表現できることが大事なんですね。




 「食べることが大好きですか。」
 「お客様の笑顔をみたいですか。」




 飲食業に携わる上で
 本質的なことだけども、
 それをちゃんと意識して自分の中で整理できていないと
 飲食業というサービスははじまりません。



 飲食業で生きるためには
 もっと大切なことやスキル、知識もあります。
 練習しなきゃならないことも山ほどある。
 だけどその前に、
 原点を意識して働くことって
 とっても大切です。


 相手のことを思える気持ちをもって接客や調理にあたることで、
 お客様の笑顔が生まれ、
 その店は歴史を綴れていくんですね。
[PR]

  by carlo-k | 2012-03-08 15:54 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE