<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ご挨拶

d0101515_1391437.jpg


 昨日の晴天から打って変わって朝から冷たい雨。
 冬の北陸の定番、鉛色の空が広がっています。



 今年も残すところ後一日となり、
 毎年の事ながら、
 振り返ってみるとあっという間の一年でした。

 先日あるコラムで秋元康が

 「目の前に見えるものは、すべて過去である」

 と書いていました。


 過去に固執せず、
 失敗を成功の肥やしにして、
 お客様にとっての本当の価値を追求していく、
 2013年はそんな年にしていきたいと
 思っています。

 春には、新しいコンセプトのレストランを出店します。

 挑戦する気持ちを忘れず、
 前を向いて
 新しい価値創造に邁進していきます。


 今年一年、
 弊社グループをご利用頂きまして
 誠に有難うございました。
 皆様が良い年をお迎えになることを祈念すると共に
 来年も変わらぬ御愛好の程宜しくお願いいたします。





                         2012年師走
                         株式会社カンパーニュレストラングループ
                         代表取締役  堀 勝彦
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-30 13:09 | 仕事

安心




d0101515_10344158.jpg


 「ブランド」とは、
 お客様との信頼関係、
 いわゆる安心・安全が基本だと思います。

 なので、
 これらが土台となってはじめて感動や喜び、
 選んでよかったと思われるのです。

 スタッフの接客態度を含め、
 入り口の看板やトイレに至るまで
 お客様の目に触れるものはすべてブランドです。




 このことを伝えたり共有する手段として
 「ルール」や「マニュアル」があります。

 マニュアルとは、
 基礎知識を教え込むもっとも生産性の高いプログラムですが、
 マニュアル以上のことを自分で考える意識が最後の決め手です。
 それを伝えるのが本当の教育です。

 そして 
 無駄をなくし仕事にゆとりを作ることが、
 結果的にサービスの質を高めることになるのです。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-27 10:27 | 仕事

仕事





d0101515_1523672.jpg


 この時期になるとオフィシャルサイトからの
 ご予約の件数が圧倒的に増えます。

 先日、
 ご予約頂いたお客様から、

 「毎年、年末は家族と一緒にカンパーニュでディナーをするのが定番です。
  一年を振り返り大切な時間を過ごすため、予約お願いします。」

 
 こういう言葉を頂くと、
 本当に嬉しく
 レストランという仕事は素晴らしいと正直に思います。


 また反面、
 クレームのメールも少なからず届きます。

 「あなたのとこは、ゆるんでないですか?
  言ってることと行動が伴ってますか?」

 というゲキだと捉えて、猛省と共に襟を正し
 即行動を起こします。



 どちらの言葉も
 しっかりと胸に刻み、取り組んでいきます。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-26 15:19 | 仕事

幸せ

d0101515_11485458.jpg


 はたから見て、
 あの仕事はつらくて厳しいだろうなと
 思われるような商売なり仕事であっても、

 当の本人が 
 この仕事は非常に自分に向いているんだ、
 自分は好きだなあ、
 この仕事に惚れているなあ、
 というようにやっている人は
 本当に幸せだと思う。

 また、
 そこにこそ大きな成功の端緒が生まれてくるのだと思います。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-23 11:48 | 仕事

顧客視点

d0101515_1211850.jpg


 弊社では北イタリアをキーワードにして
 一日に1000人のお客様をお迎えるカフェから
 30~40人のお客様にじっくり接客するレストランまで
 様々なタイプの店舗を経営しています。

 ですから、
 そこで起きる問題の解決は
 店舗によって、状況によって、
 はたまた店長や料理長の考え方によって自ずと違ってきます。

 正解が一つだとは限らない場合もあります。

 店舗には店舗の都合や理屈があって、
 ミーティングの中で議論を重ねると、
 店の都合ややり方にとらわれて結論を考えてしまう
 ”部分最適”になってしまうことがあります。

 それで良い場合もあれば、
 そうでない場合もあります。


 それじゃあ、
 両者を分ける基準は何かというと

 「お客様にとってよいかどうか」なのです。


 一人ひとりが顧客視点で物事を判断できれば、
 自分自身の意見に自信が持てるし、
 納得感もあります。
 そういう店舗は、生き生きとしています。



 かく言う僕も同じです。

 「経営者だから」「社長が決めたことだから」
 では足りないと思います。
 
 いつも顧客視点に立って判断出来ているか、
 常に自分を省みるように努めなければと考えています。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-20 12:11 | 仕事

冬将軍

d0101515_1141796.jpg


 いよいよというか、
 昨晩からの雨が深夜には雪に変わり、
 今朝はこんな感じ。

 雪の梅ノ橋もいいなあ。


 さあ、
 気合入れて年末モードに突入です。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-19 11:41 | 仕事

改善

d0101515_138470.jpg


 サービス産業生産性協議会のよると
 サービス業の生産性は、
 アメリカを100とすると日本は60しかないらしい。

 まあ、
 すべてが生産性や効率ありきではないけど
 現場で改善が大切なことって沢山あると思う。

 たとえば、
 キッチンのデシャップに放置されがちだった料理を
 10秒早く提供できれば、その分、温かい状態で
 お客様に食べてもらえます。
 何かを探すのにかけていた5分間がなくなれば、
 接客や料理の時間、または休憩時間に充てれる。

 そもそも、
 どんなことでも慣れてくるとそれが当たり前になって
 疑問すらもたなくなる。
 その当たり前の中に改善すべき事柄が潜んでいる。


 料理が出来た後、つけ合わせを待つ間に冷めることがあったり、
 デシャップに出来上がった料理がよく溜まったり、
 営業中に食材や備品を離れた場所によく取りに行ったり、
 作業が忙しくて料理長がお客様に挨拶する余裕がなかったり。

 こんなことに心当たりがあったら、
 改善すべき点があるということです。


 つまり、
 現場改善は顧客満足度や従業員満足度の向上、
 ひいては強い店づくりに繋がっていくのです。
[PR]

  by carlo-k | 2012-12-15 13:03 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE