<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

岩だこのアッフォガート





d0101515_1545673.jpg


 タコの絶妙な歯ごたえがタマリマセン♪
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-26 15:40 | 仕事

おくる言葉





d0101515_16274543.jpg


 先日、
 2名の社員送別会に出席しました。


 彼らはそれぞれ、
 4年間と5年間
 パティシエとして
 料理人として頑張ってくれました。



 「仕事とは、与えられるものではなくて掴み取っていくものです。」

 人生も同じだと思います。



 自分の目標に向かって
 課題を明確にして、
 諦めずに挑戦し続けて欲しいと思います。


 それから

 二人とも、
 いつでも遊びにおいで。
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-23 16:24 | 仕事

ファンを創る

d0101515_12572697.jpg


 プロの料理人として、
 またはプロのサービスマンとして、
 ファンも創れないような人は
 やはり半人前だと思います。

 では、
 ファン創りとはどういうものかというと
 そんなに難しいものではありません。

 自分のこだわりや主張すべきところは主張して、
 正しい姿というものが、
 ピシッと相手さんに伝われば
 相手さんはファンになります。


 もちろん価値のないものを売っていてはダメですよね。
 感謝しながらサービスにあたり
 適正利潤をいただきながらしっかりフォローすれば、
 ファン(お得意様)は離れないものだと思います。
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-21 13:08 | 仕事

のとてまり&のと115

d0101515_1216628.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2013-01-14 12:18 | 仕事

うれしい便り





d0101515_1251097.jpg


 岡山に転勤になった友人から年賀状をもらった。

 彼とは、
 取引先の所長という立場で知り合い
 真摯な仕事ぶりや何事にも謙虚な姿勢が大好きになり
 プライベートでもよく飲んだなあ。


 二郎、元気ですか?
 春には、そっち遊びに行くからな~♪
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-07 11:54 | 仕事

「飲食ばか」

d0101515_1373749.jpg


 年末年始、
 色んな方々とお会いする機会がありました。
 そして美味しい酒を傾けながら
 たのしく語らったわけですが、
 そんな中で「ムムム・・・」と思うことが。




 「飲食ばか」

 「飲食のことばかり」で頭がいっぱいで
 他の事にまったく興味が持てない(持つ時間がない?)人が多いなあ・・・と。

 例えば、
 朝は市場に行って買出しをして、
 ランチから始まり、
 同時進行でディナーの仕込みもやって、
 営業が終わったらスタッフと一緒に残った食材とワインを飲みながら
 「接客」や「料理」について話し合い、
 帰ったら寝るだけ。
 そして翌日朝起きたらを繰り返すひとです。

 そういう人は、
 休日も店のことで頭がいっぱいで
 ちょっとだけ店に立ち寄ったりしますし、
 せっかくの休日の食事も店に参考になりそうなお店を回ったり、
 自分の店で使えそうな食材やワイン選んだりしがちです。



 気持ちは、凄く凄く理解できます。


 しかし・・・
 しかしです。

 例えば
 「休日は必ず映画を一本観る」とか
 「月に一度は美術館やミュージアムに行く」とか
 「雪山に行ってスノーボードやスキーを愉しむ」とか
 そういう飲食以外のことに意識的に興味をもって
 行動することおすすめしたいのです。

 ほかの店がやっていることと同じ様なことをしていても
 結局ものまねになるだけで、
 そこに個性や新しいアイデアというものは
 生まれてこないと思うのです。

 気持ちを意識的にリセットして、
 映画や美術館でみた小道具や美しい配色、
 雪山の尾根から見える絶景など、
 心を豊かにして、
 こころの引き出しを増やすことで
 逆に日々の仕事へとフィードバックして
 創造的なヒントが生まれてくるものだと思います。
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-05 13:07 | 仕事

Snake Line

d0101515_12401331.jpg


 新年明けましておめでとうございます。


 年が明け12年ぶりに巡ってきた
 今年の干支は「へび snake」です。

 ゴルフのグリーン上で
 多くのゴルファーが恐れているものの一つに
 「スネークライン」があります。

 パッティングで右や左にクネクネと
 ヘビのように曲がる難しいラインの事で、
 大体の人は1打でカップに沈めることを
 諦めていしまいます。

 しかし、
 中にはグリーンのアンジュレーションをしっかり見極め
 全知全能をフル稼働させて、
 まるでヘビのような執念で見事にカップインさせる人もいます。


 そうです。
 最後まで諦めずに
 ベストを尽くすことが大切なんですね。


 「スネークライン」を攻めるがごとく
 今年一年 頑張っていきます。


 本年も宜しくお願いいたします。
[PR]

  by carlo-k | 2013-01-03 12:40 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE