<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

カフェ・アルコ スタツィオーネ

d0101515_11252872.jpg


 表彰されました!!!

 井上店長以下スタッフの取り組みが
 こんな形で評価されるのは、
 素直に嬉しいなあ~。
[PR]

  by carlo-k | 2013-02-25 11:26 | 仕事

グラス選び

d0101515_13591840.jpg


 僕はスパークリングワインが大好きです。

 華やかで複雑みのあるワインに出逢ったときは、
 本当に感動します。

 そんな中で最近思うことは
 グラス選びで泡ほもっと楽しくなるということです。

 スパークリングワインは乾杯や食前酒が主流だった時代から
 今では食事を通して飲むものという認識が当たり前になってきました。
 また、平たくて膨らみのあるクープグラスやフルートグラスだけではなく
 ブルゴーニュタイプのグラスで飲むことで、そのワインの香りや特徴が
 驚くほど伝わってきます。

 先日、ワインのインポーターと話した時
 フランスでは
 「白ワイングラスで飲んで欲しい。」
 という作り手が増えているとの話しでした。

 そういえば、
 ドンペリの催しで、
 73年のエノテークがピノ・ノアール用グラスで供され、
 驚くほど華やいだという記事を読んだことがあります。

 実際ぼくも
 シャンパーニュのヴィンテージ以上やブラン・ド・ブランなどは、
 膨らみのある赤ワインタイプのグラスで呑んでいます。

 お気に入りの銘柄がみつかったら
 複数のグラスでテイスティングして
 好みのタイプを見つけたいですね。
[PR]

  by carlo-k | 2013-02-18 14:25 | 仕事

自ら考える

d0101515_14163799.jpg


 先日、stazioneのキッチンをのぞいた。

 ちょうどモーニングのピークの時間で
 5人いるキッチンスタッフはてんやわんや。

 オーダーがひっきりなしにプリンターからながれてくる。
 ホールから「お客様、トイレに立たれましたからちょっと待ってください!!」
 と注文が入る。

 こんな時、
 効率やスピードはもちろん大切だけど
 熱いものはしっかり熱く、
 冷たいものは冷たくという基本が大事になる。


 しかし、
 この当たり前のことが意外と難しい。


 飲食店はたたき上げの職人タイプが多くて、
 自分の思いを上から押し付ける場合が往々にしてあります。
 こういうことが長く続くと自発的に考えて行動をおこすことが
 出来なくなります。
 また、メニューや仕事内容が固定化すると
 それがルーティンワークになってしまい向上心が薄れがちです。


 「どうすれば、良くなるか。」
 「あなたなら、どうするか。」


 お互いに考えやアイディアを引き出すこと。
 これを繰り返すことで自分で考えて行動する習慣が身に付きます。
 そして、お客様の身にたって考えれるスタッフが
 強い店舗をつくっていきます。
[PR]

  by carlo-k | 2013-02-04 14:47 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE