<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

年末のご挨拶

d0101515_15143213.jpg


  今年は例年より上陸する台風の数が多く、
  飲食店には影響が大きい年でした。
  また、
  円安の進行によって
  食材の大きな値上がりも多々ありましたが
  それを商品の価格に反映するわけにも行かず
  難しい年でもありました。

  世の中は ”アベノミクス” で景気が回復していると言っていますが
  地方都市の第3次産業にまでその実感が降りてくるのは
  まだ先の様です。

  2014年は消費税増税があります。
  飲食店にとって、
  大きな岐路に立たされることになりますが、
  消費増税になったからといって
  「まずくてもいいから、安いものにしたい。」という人が増えるとは思えません。
  必ず「おいしい料理、豊かな時間を味わいたい。」というニーズがあるはずです。



  「お客様に楽しんで頂くことが私たちの喜びです。」

  のミッションのもと
  料理の味を高めていくことは勿論のこと、
  従来以上に ”居心地の良さを磨く” ことを強く意識して
  お客様にとって価値のあるお店づくりを目指し
  来年も一歩一歩進んでいきます。


  今年一年、
  カンパーニュレストラングループをご贔屓頂きまして
  誠にありがとうございました。
  来年も何卒よろしくお願いいたします。




                      株式会社カンパーニュレストラングループ
                                 代表取締役  堀 勝彦
[PR]

  by carlo-k | 2013-12-30 15:15

料理のこころ

d0101515_13273935.jpg


   技やテクニックを磨くのは大事なことです。 
   それは毎日の積み重ねだから
   ある程度の年数は当然かかります。

   ただ、
   お客様に
   楽しんでもらいたい。
   おいしく食べてもらいたい。
   という心は
   料理人としての年数に関係なく育むことができます。

   そういう心こそが
   料理人として不可欠なものなのです。




 
[PR]

  by carlo-k | 2013-12-28 13:26

long time agoooooo

d0101515_132958100.jpg


    この前
    東山ロベールデュマに新しくアルバイトで
    はいってもらったCさんに挨拶したら、

    「わたし、実は社長がむかし料理を作ってたとき
     よく食べに行ってたんですよ。
     友達とか今の主人と。
     魚料理とかラタトゥイユが好きでねェ。

     あの時は若かったけど 立派になられて。
     はははは。」


    なんと、
    ボクが25年前に独立開業したちいさなレストランの
    お客さんだったのでした。


    なんか、
    嬉しいなあ。。。




[PR]

  by carlo-k | 2013-12-27 13:29

コスパ

d0101515_14202097.jpg


   CPが高い店が人気だ。

   コストパフォーマンスが高い店、
   いわゆる値頃感が高い店を指す。

  値ごろ感とは
  お客様が料理や商品に対して
  イメージする内容や価格よりも
  それを上回ってお得感を感じることです。

  なので、
  実際に支払う金額そのもので判断されるわけではありません。

  単純に支払った金額が安くても
  期待ハズレな内容なら、
  二度と行かないということになるだろうし
  ハレの日に予約をして訪れるレストランには
  相応のコストがかかるのは常識ですね。



  では、
  どこがポイントかというと

  挨拶だったり気配りだったり

  店側が
  「お客様に来ていただいて嬉しい!」
  「お客様に楽しんで頂きたい、喜んで頂きたい!!」
  という気持ちが店全体に充満していることが大事なんですね。

  これらは接客サービスにとどまらず
  行き届いた店内の雰囲気や整理整頓、
  綺麗に磨き上げられたカウンターなど
  全てから醸し出されるものです。



  まさに
  「空気もご馳走。」なのです。





[PR]

  by carlo-k | 2013-12-26 14:19

クリスマス プレゼント

d0101515_1219428.jpg



  「今日はうれしいことがありました。

   僕が担当している2階のお客様が結婚3周年記念でご来店いただいたのですが、
   すごく喜んでいただき、帰られたあとのテーブルを見るとお礼とメッセージがありました。
   すごく嬉しくて泣きそうになりました。

   明日がラストのクリスマスディナーです。
   力いっぱいのおもてなしでお客様をお迎えしようと思います。」



  これは、
  昨日の弊社レストランの業務日報内の店長所見にあった文面です。


  読んで、泣きそうになりました。


  素晴らしいなあ。
  レストランの仕事って、
  ほんと素晴らしい。

  こんなキャッチボールがお客様と出来て、
  担当したM君、
  感動してとても勇気をもらえたと思います。

  僕も嬉しいクリスマスプレゼントをもらえた気持ちです。

  Merry Christmas!!



[PR]

  by carlo-k | 2013-12-25 12:19

molto buono!!

d0101515_15522647.jpg


  

   OSTERIAのスペシャルパスタ

  「イカ墨を練りこんだ自家製タリオリー二 ズワイガニとフレッシュトマトのソース」



   赤と黒、そしてグリーンのコントラストが美しい。
   ほんのりと甘みのあるイカ墨のタリオリー二を
   旬のズワイガニにフレッシュな酸味をプラスしたサルサが包み込む。
   口に運ぶと、
   蟹のコクとパスタの歯ごたえがバランスよく広がる。
   上品な中にも輪郭のハッキリした素晴らしい料理。

   岡野シェフのスペシャリテだ。





[PR]

  by carlo-k | 2013-12-24 15:52

働くといふこと

d0101515_13293379.jpg
 

  とある雑誌で厚生労働省官僚のコラムを読んだ。

  年間休日を増やし
  週休二日で給料を平均値以上もらうことが
  理想の働き方だと。

  うーん…

  もちろん休日にしっかり休み、
  そのことが人間を高めることにつながる。

 
  働くということは
  時間とお金のやり取りをすることだけではないと思う。


  根本的になぜ働くかとなると、
  それは ”豊かな人生” にするためだと思う。

  ひとは働くことを通して成長して、
  目指す夢や目標を見つけ、
  人から感謝されることで自分を確認し、
  そして自分の生き様をカタチにしていくんだと思う。

  そこを見失って、
  とにかく残業を減らせというのは
  なにか違うとおもうなあ。





[PR]

  by carlo-k | 2013-12-23 13:29

ひと

d0101515_14304862.jpg


   

    忘年会の会話の中で。


    「わたしは いくら美味しくても ”気持ちよく帰れる” 店でないとイヤ。
     お店選びで大事なのは、美味しいことはもちろんだけど ”ひと” だと思います。」



    まったく、その通りだ。

    スタッフの気配りや心配り、
    あったかい笑顔やことばのやり取りなど
    アナログ的なおもてなしが
    最後の決め手ですね。





 

[PR]

  by carlo-k | 2013-12-22 14:30

趣向

d0101515_142016.jpg





  最近のイタリアンやフレンチについては、
  ボクなんかより外食好きの女性たちの方がよっぽど詳しい感がある。

  このごろでは金沢にも安くておいしい店も増えてきていて、
  レストランのレベルはどんどん上がってきているし

  というか、
  感度の高い女性客たちが金沢のレストランの傾向を引っ張っていますね。
  繊細で美しい金沢独自のイタリアンやフレンチが発展したのも
  彼女たちの功績が大きいと思います。


  さて。

  ボクは
  「繊細で美しいけど、ちんまりした料理群」
  というのがあまり好きではありません。
  というか、
  そんな風に趣向が変化してきました。
  懐石風の魅力はよくわかるし、
  繊細なパスタ料理など「うまいなぁ〜」と舌を巻きますが、
  どうしてももっと「強い料理」を望んでしまいます。
  焦点がきちんときているインパクトの強いイタリアンやフレンチが好きなのです。
  また、
  ラテンの明るさと華やかさと力強さをそこに求めてしまいます。

 




  ことイタリアンに限って言えば、 
  「イタリア料理とは貧乏人の料理である」
  と言い切ったのは元「アピシウス」のシェフ高橋徳男氏ですが、
  そこまで言い切らないまでも、
  あるカジュアルさこそイタリアンの生命線だなと思う部分はあります。
  映画で見るような、イタリア人の大家族がわいわい食べるようなカジュアルさ。
  その雰囲気がなくなると、ちょっと寂しく感じます。

  特に高級化したイタリアンはフレンチレストランとほとんど変わらない料理を出します。
  パスタなどもメニューに並ぶので違いは明確なのですが、メインはほとんど変わらない。
  国としても隣り合っている分、仕方ないとは思いますが、
  そうまでして高級化しなくてもいいかなぁと最近は特に感じます。



  ガツンと主張のある料理とピノ・ノアール、
  最高ですね♬




 


[PR]

  by carlo-k | 2013-12-20 14:19

素敵な夜

d0101515_15132699.jpg

d0101515_15132621.jpg

d0101515_15132711.jpg

d0101515_15132779.jpg

d0101515_15132817.jpg

d0101515_15132866.jpg

d0101515_15132931.jpg



友人主催の一足早いクリスマスパーティが
いま話題の「辻屋庭園」 で行われた。

前田家の家老だった横山男爵の迎賓館を
東京のブライダル企業が取得してリノベーション。

金沢らしい風情があって
とくに美しい日本庭園が印象的でした。
[PR]

  by carlo-k | 2013-12-19 15:12

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE