<   2015年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

憧れの

d0101515_16163249.jpg


   いよいよ来月に迫った北陸新幹線開通。



   そう言う意味では
   間違いなく全国で一番注目されているんだろうなあ。

   これだけ各方面で取り上げられるのは
   2002年だったか2003年に放映された
   NHK大河ドラマ「利家とまつ」以来じゃないだろうか。



d0101515_1616337.jpg


   「家庭画報」。


    ヤングミドルからアッパー層に絶大な人気があって
    読者は比較的富裕層が多い。
    また、
    記事構成も巧みで
    写真が美しいことでも有名です。


    地方の料理人やレストランオーナーにとって、
    家庭画報に載ることって、
    実は憧れだったりするわけです。




d0101515_16163355.jpg


    ”金沢の魅力と出会う”
    とゆう特集のページで
    弊社 
    東山ロベールデュマが取り上げられました。


    有名和食店や鮨店が7店舗、
    美しい写真と一緒に紹介されています。


    そのなかで、
    フランス料理店として唯一紹介されました。



    素直に嬉しいなあヽ(*´v`*)ノ





d0101515_16163413.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-27 16:15

オステリアパーティプラン


d0101515_12301583.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-26 12:31 | 仕事

海の幸

d0101515_1256382.jpg
   



   講演後の会食。


   主催者が設けてくれた宴席で
   出てきた海の幸に
   思わずニンマリ(^O^)


   加能ガニの堂々とした姿に
   惚れ惚れして、
   輪島の黒あわびのデカさに」絶句!!


   東京の業者さんは
   一様に「旨い!美味しい!!」の連発。



   やっぱり、
   北陸の海産物は天下一品です!!!




d0101515_1256458.jpg

d0101515_1256560.jpg

d0101515_1256591.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-25 12:55

わくわく


d0101515_10544570.jpg


   富山県小矢部市にできる三井アウトレットパーク内に
   出店が決まりました!

   今回は、
   初めてのフードコートに挑戦します。

   現在、
   プロジェクトチームを組んで
   メニューやオペレーションを組み上げているところです。

   また、詳細をお知らせしますね~。

   ああ、
   楽しみや003.gif




[PR]

  by carlo-k | 2015-02-24 10:55 | 仕事

挨拶

d0101515_11345869.jpg



  呼びかけたら元気な返事がかえってくると
 こちらまで元気になります。
 料理やドリンクやケーキを
 キッチンやデシャップから発進するとき
 掛け声や返事がプラスの空気を作ります。


 そんなやりとりが充満しているお店は
 その元気がお客様にまで伝わります。
 その繰り返しが、
 愛されるお店の秘訣です。



 それから「お礼」の言葉。

 「ありがとうございました!」
 「先日はごちそうさまでした!」

 こういった言葉のやりとりは、
 心を豊かにします。

 公休で旅行に行ったスタッフが店におみやげを持ってきてくれたり、
 差し入れをもらったり、
 会社の行事でご馳走になったり。

 もしかしたら当たり前のように考えていたことでも、
 口に出して言葉にすることで
 優しい空気につつまれます。



 元気な挨拶。
 優しい挨拶。



 特に上に立つひとは心がけたいものです。

 また、
 部下に対して躾けていくのも大切な仕事なのです。







[PR]

  by carlo-k | 2015-02-21 11:34

まりも

d0101515_15414071.jpg


   富山県南砺市に
   超繁盛しているパテスリーがあると聞いて
   さっそく視察。

   生ケーキや焼き菓子など、
   全部がでかくて(°д°)。




   で、

  
   その店を探してる時にみつけた
   別の繁盛店。


   お昼のピークの時間も過ぎてるのに
   駐車場にくるまが溢れ
   順番が付いてる
   ひなびたとゆうか
   年季の入った感じのラーメン屋さんが
   どーしても気になって、
   順番に並んで
   入ってみた。



d0101515_15414154.jpg


    まわりのお客さんの注文を聞いてると
    ほとんどが味噌ラーメン。
    これに
    メンマや海苔やいろいろな具を
    トッピングするのがこの店のスタイルらしい。

    ほとんど、
    地元の人らしく
    次から次へと回転していく。



    ゆで卵とバターを追加した
    味噌ラーメンの並を注文。

    札幌ラーメンとうたってるけど、
    以前北海道で食べた
    ガツンとくる味噌味ではなくて
    とってもマイルド。
    野菜たっぷりで卵の具合も絶妙。


    金沢のソールフードとして君臨する
    8番ラーメンとそっくり003.gif




d0101515_15414127.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-18 15:41

ブーケ


d0101515_15101930.jpg


   
  


   ワインの状態や味わいを伝える上で
   たくさんの専門用語がありますが、
   その中には、
   本当に分ける必要があるのか? 
   とか、
   その違いを明確に出来る? 
   などと疑問に思える類義語が
   じつは多く存在します。

   科学的な見地で見ると違うのでしょうが、
   プロでもその違いを判断する事は難しいですよね。


   例えばワインの香りを示す言葉。

   これらは本当に沢山あり、
   代表的な所(しかも香り全体を意味する)だけでも
   アロマ、ブーケ、フレーヴァーなど。

   その中でも頻繁に使われる「ブーケ」。

   語源はフランス語の「花束」のブーケから。
   ブーケは、
   ワインの熟成によって生まれた香りを指していて、
   ぶどう品種そのものの香り(第1アロマ)と、
   醗酵によって生まれた香り(第2アロマ)に対し、
   第3アロマとも呼ばれます。
   わかりやすい日本語としては熟成香。

   ソムリエを筆頭にワインに携わる人間は数多くいますが、
   この1から3までのアロマを、
   言葉ではなく香りで明確に分類できるひと、
   そして、
   それを言葉で説明できるひとはどのくらいいるのかはわからないけど
   その奥深さがワインの魅力でもありますよね。





[PR]

  by carlo-k | 2015-02-17 15:09

ゴチになります‼︎

d0101515_167249.jpg


   「今日のぐるナイ、チェックしてください!!」


   連絡をくれたのは
   うちで長年一緒に頑張ってくれた中村 雄。


   彼は、
   調理師学校を卒業してから12年間
   19歳の時からうちで修行を重ね、
   退社後 
   東京のレストラン企業に就職して
   現在は日本橋にある三重テラスというレストランの
   シェフとして頑張っている。


d0101515_167317.jpg

d0101515_167392.jpg

d0101515_167425.jpg

d0101515_16745.jpg


   民放ゴールデンタイムの人気番組に
   堂々と出演しているその姿は、
   緊張の中にも余裕があって
   素敵だったなあ。

   料理風景も板についていて、
   良い経験になったと思う。

   なんか、
   とても誇らしく感じました003.gif



d0101515_167581.jpg

d0101515_167593.jpg

d0101515_167619.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-09 16:06

バレンタイン


d0101515_13392731.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-09 13:39 | 仕事

塩 胡椒

d0101515_12241936.jpg



    フランス語で塩 胡椒のことを
    ”セルポワ”と言います。
    これを店名に冠したBISTROが
    白山駅北口の目の前にあります。



d0101515_12241992.jpg



    ここの店主は
    里見町で独立を果たして
    木倉町で新しいスタイルを確立して、
    今の場所店を構えて3年。




d0101515_12242037.jpg


    どの料理も気負いがなく
    素材そのものの味を最大限に引き出した
    ピュアな皿ばかりで、
    なんだかとてもリラックスできる。



d0101515_12242182.jpg


    彼が
    うちに修行に来た時は22歳。

    47歳になった幸治が、
    「金沢駅や津幡駅から電車で来てくださる常連さんも
     いらっしゃるんですよ。」

    と嬉しそうに語る彼を見ていると
    こっちまで嬉しくなった。



d0101515_12242193.jpg

d0101515_1224226.jpg

d0101515_12242231.jpg

d0101515_12242356.jpg

d0101515_12242426.jpg

d0101515_12242488.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-02-03 12:23

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE