<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

気持ちのいい午後

d0101515_16295990.jpg
 

 某銀行のATMコーナー。


 月末の週頭ということで、
 長蛇の列。

 なんとか早く済みそうなところに並んで
 入金や振込みなどを終わらせて。

 その間中、
 隣のおばあちゃんに
 担当行員が親切に穏やかに説明しているのが
 心地よかった。




 「すいません。トイレはどこですか?」

 その方は、

 「はい!どうぞこちらへ。
  ご案内いたします。」


 2階フロアーに上がり、
 カウンターの中に入っていって
 奥の突き当たりまで行って

 「どうぞ、こちらです。」

 明らかに従業員用のトイレだった。


 
 もっと驚いたのは
 2階フロアーに入った瞬間、
 カウンター内部にいた7~8名の行員の皆さんが
 全員笑顔で

 『いらっしゃいませ~!!』





 凄いと思った。

 気持ちよかった。

 いっぺんに、
 その銀行のファンになりました♪





[PR]

  by carlo-k | 2015-03-30 16:41

習慣

d0101515_13504913.jpg



    先日、
    知り合いの坊さんと話したときのこと。

    書経の中に
    「習い、性になる。」
    という言葉があるそうです。

    良い習慣を続けていると、
    やがて生まれつきの性質のようになるという意味です。

    例えば、
    積んであるものが一部分ずれて放ってある。
    初めは気にならないという人もいるけれど、
    修行を積んで
   「きちんとする」ことを身につけてしまうと
    気になって仕方なくなります。

    平行に直そうとします。
    下の者が放っておいたものでも
    上の者が直そうとします。
    そして、
    下にも注意するようになります。

    こうなると、
    もうこれは性質になっているわけです。



    仕事は、
    ごまかそうと思えばいくらでもごまかせます。
    だけど、
    ごまかす人は失敗しますね。

    そうならないためにも、
    普段から良い習慣を身につけるよう
    努力をしたいものです。






[PR]

  by carlo-k | 2015-03-22 13:53

インプット

d0101515_1472158.jpg


   ひとって流されやすいし
   大概の人間は自分に優しい。

   なので、
   日々の生活や仕事ってルーチンになりがちです。

   「ルーチン」とは
   決まりきった・型にはまった
   という意味。

   平たく言うと
   同じパターンで行動するってことです。

   これでは
   「作業」の域をでません。

   「これでよいのか」と疑問をもって
   自分自身で工夫していくことが
   「仕事」に繋がります。


  

   ”経営力強化研修”
   という名のインプット。


   朝から夕方まで休憩を入れて7時間の
   長丁場だけど、
   内容が濃いから 
   あっという間。

   参加者のほとんどが社長だから、
   「勉強して我社をもっと良くするぞ~!!!!」
   ってゆうパワーと熱気が溢れています。


   『気づき』がいっぱいありました。
   『正しい方向に向かってるんだ』という
   確認も出来ました。

   次はアウトプット。

   共有して自社のノウハウにしていきます。





[PR]

  by carlo-k | 2015-03-19 14:07

ロベールデュマ春のお花見オードブル

d0101515_11282472.jpg

  朝から快晴。

  春爛漫のぽかぽか陽気が気持ちいいです。

  東山ロベールデュマでは
  そんな気持ちをのせた
  春のオードブルをご用意しました。

  フランスからの空輸食材や地元の鮮魚や野菜たちを
  ムッシュ岩城が丁寧にお作りします。

  これからのお花見やホームパーティなど、
  是非ご利用ください。





[PR]

  by carlo-k | 2015-03-17 11:28 | 仕事

幸福感

d0101515_12515588.jpg


   自分の「幸せ」を
   考えたときに切っても切れないのが
   ”犬”の存在です。


   物心ついた時から
   そばには必ず犬が居て、
   それが当たり前になっていって、
   手放せないというか
   離れられない(*´д`*)


   犬を飼う喜びが何かと言ったら
   やっぱり『気持ちが通じる』こと。
   ちょっとしたことでも
   「うん、そうそう。」って
   理解し合えるとすごく嬉しい気持ちになります。


   ちゃんと向き合うと、
   話ができるというか
   気持ちが通じるんです。


   今うちにはリク♂とパコ♀がいますが、
   彼らは
   子供であり友達のような存在です。
   ただ、
   彼らは自分の意志で
   何かを選択する事ができません。
   なので、
   責任があるから
   気楽に友達とも言えないかなあ。


   最近思うのは、
   犬と一緒に暮らす上で大事なのは、
   自分の幸せだけでなくて
   犬にとっての幸せも考えること。


   ただ、
   たまに。。。

   犬が幸せなら
   自分が不幸せでもいいと思ってる人がいるけど、
   あれは
   マニアの領域ですね…(°д°)





d0101515_12522543.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2015-03-12 12:50

スパゲッティーニ

d0101515_12021883.jpg


   このまえ
   あるイタリアンレストランに行った時のこと。



   カウンターのとなりのお客さんが
   メニューにあるペンネアラビアータを
   「これをスパゲッティーニでお願いします。」
   と注文された。

   するとスタッフは
   「アラビアータはソースが濃いですから
   ショートパスタの方が美味しいですよ。」
   と、
   やんわりお断りして変更を促していました。



   う~ん。

   これって 
   ちょっとおかしい。


   だって、
   お客さんが組み合わせを自分で選択したということは
   そのお客さんが本当に望んでいるから。

   そう言われるとまるで
   「お客様、それは間違ってますよ。」と
   言葉にしなくても
   そう聞こえてしまいかねない。

   アラビアータはペンネが旨い!と
   店としては提供しているのだけれど、
   スパゲッティーニで食していただくのもいいのではないか、
   と感じるスタッフであってほしい。

   キッチンが立て込んでいるなら時間がかかるかもしれない。
   でも、
   スパゲッティーニがあるなら
   なんとかしたい、
   と思って欲しい。
   一歩踏み込んで
   バランスのいいソースにアレンジも出来るのだから。



   メニューっていうのは、
   決してお店の主義主張ではありません。
   お客さんの嗜好を
   あれこれ論する立場にはないんです。
   でも、
   続けていると
   ついつい傲慢になってしまいがちですね。

   もちろん、
   お客さんとの関係や状況によって判断は異なります。
   間違いや
   キチンとその訳を説明しないことが
   逆に失礼にあたる場合だってあると思います。

   しかし、
   どんなときでも変わらないこと。

   それは、
   スタッフはお客さんの召使でもなく、
   もちろんお客さんより偉いわけでもなく、
   お客さんに喜んでいただき、
   幸せな思いをしていただく役割を、
   一手に引き受けているのだということです。



   私たちは傲慢であってはいけません。

   キラキラ輝いている店は、
   やはり何よりもお客様を大切にしている。
   もっと言うと、
   お客さまを愛している。
   自分達が愛するお店にお越しいただけるお客様が
   大切で大切で仕方がない。

   そこがサービスの原点、
   そこが基本です。





[PR]

  by carlo-k | 2015-03-09 12:01

新発売!!!


d0101515_10524180.jpg


 石川県が生んだ銘柄牛
 「能登牛」。

 これを100%つかったハンバーグステーキ!
 洋食屋RYOのグランシェフの技で、
 とってもジューシーに仕上がりました。

 まずは、
 そのまま召し上がってほのかに甘い
 肉の味を感じてください。
 そのあとに、
 特製ソースを鉄板全体に回しかけて
 ジュージューさせて香りも楽しんでください。


 今月7日の土曜日から
 土日限定で販売いたします041.gif




[PR]

  by carlo-k | 2015-03-06 10:53 | 仕事

BOSS塾

d0101515_14321916.jpg
d0101515_14314998.jpg


    今回で2回目となるこの塾は、
    私自身が長年飲食業界に携わりながら
    経験したことや体験したこと、
    日頃から感じてることや考え方などを
    メールや文章におこすのではなく
    その時々のテーマに沿って
    自分の言葉で直接伝えたいという気持ちで始めたものです。


    今回のテーマは、
   「食を通じてなりたい自分になる!」


    入社3年未満の社員15名を対象に
    濃い1時間になりました。




[PR]

  by carlo-k | 2015-03-03 14:31

自信

d0101515_1213152.jpg
   


   「自信」とは文字通り
     自分を信じること。

    人間は弱い動物だから、
    その時々で
    弱気になったり
    後ろ向きになったり
    諦めそうになったりします。

    そんな時、
    自分の ”支え” に
    なってくれるのが「自信」です。

    では、
    その「自信」をつけるには
    どうすれば良いのだろう。



    自分で良いと感じることを
    損得考えずに行動することです。

    何でも良いのです。

    例えば、
    「誰よりも早く出社しよう!」
    「整理整頓で一番になろう!」
    「鍋磨きでは誰にも負けない!」

    それを継続して行動することで、
    小さな成功体験が出来て、
    周りもそのことを認めてくれて、
    その積み重ねが
     「自信」になるのです。


    『ノープレー、ノーエラー』ではなく、
    踏み出すこと。

    行動の積み重ねが

    「自信」になるのです。






[PR]

  by carlo-k | 2015-03-02 12:12

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE