<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

coming soon‼︎

d0101515_11174900.jpg


     小矢部アウトレットモール内に出店した洋食屋RYO。


     グランドオープンから50日余りが経ち、
     僕らの予想をはるかに超えた
     沢山のお客様に御来店頂いております。

     まことにありがとうございます!



     開業からメニューのブラッシュアップを繰り返しながら
     「美味しくて記憶に残るオムライス」をテーマに
     洋食の王道であるこの料理に取り組んできました。


     今回、
     さらにパワーアップした料理開発を進めております。

     シルバーウイークには、デビュー!!!!!♪




d0101515_11175098.jpg


[PR]

  by carlo-k | 2015-09-08 11:10

プレミアム

d0101515_10553669.jpg


     幻のわさび『一里野わさび』

     一里野温泉スキー場の裏山で
     ひっそりと栽培されている其のわさびは、
     年間100キロ程しか収穫できないため
     市場にはまったく出回らない
     正にプレミアムな山葵です。




d0101515_10553659.jpg



     鳥越の ”野菜の伝道師”、白山エコマルシェの澤田氏に
     依頼して配達してもらった。


     レストランの
     プレミアムな肉料理に使ってみようっと049.gif




d0101515_10553627.jpg


[PR]

  by carlo-k | 2015-09-06 10:55

タイムスリップ

d0101515_16020447.jpg


     明け方の豪雨が嘘のように晴れ上がった秋空を眺めながら
     片山津インターを目指して北陸道を走る。


     一部の ”通” と呼ばれる方々から
     絶大な支持を集めているその店は、
     片山津温泉郷を通り過ぎ 南下して
     山代温泉の手前あたりの国道沿いに
     ポツリとあった。




d0101515_16020519.jpg



     もう何年ぐらい営業されているのだろう?


     というか、

     普通 
     飲食店はある程度のサイクルで
     修繕やリニューアルをすることが多いけど、
     ここは
     「そんな金があったら、お客さんに還元するよ!!」
     とも言わんばかりに、
     見事な汚れっぷりとゆうか
     それが味になっているとゆうか
     微妙なバランスになっていて
     これが計算されたものならすごいなああ~
     と、ひとりで感心した005.gif




d0101515_16020567.jpg


     13:00時点で店内は満席。

     偶然にもたまたま空いたカウンター席にスムーズに入れたけど
     次から次とお客さんが訪れて
     食べてるお客さんも
     昼飯とゆうことからか滞留時間は短めで、
     待ち客も比較的短い時間で席に座れるみたい。




d0101515_16020642.jpg

     店内には
     昔懐かしいグッズが所狭しと飾られていて
     昭和の香りがムンムン。

     60年代から70年代のポスターや、
     子供の頃大好きだった『ウルトラセブン』が
     天井を飛んでたりする。



d0101515_16020610.jpg



     メニューは中華料理店のそれと変わらないが、
     オムライスやソース焼きそばなど
     近くのお客さんの注文を聞いていても
     それらのメニューも人気が高いみたい。


     メニュー表記にある「大人気!!!」に素直に従って、
     えびうま煮そば 1100円
     オムライス    780円
     鶏の唐揚げ    850円
     を注文した。


     満席にもかかわらず、
     一番手間のかかるはずのオムライスが
     出来立てほっかほかで登場!

     うっとりするぐらいのビジュアルで、
     添えてあるコールスローもシャキシャキ瑞々しい。
     ケチャップライスにはチャーシューがはいっていて
     香ばしさもプラスされて人気の高さが伺える。

     一番人気のうま煮そばは、
     醤油ベースのスープで、
     サヤインゲンや玉ねぎなど7~8種類の野菜とうずらの卵を
     あん掛けにしたものがドッサリのかっていて、
     麺を探すのが一苦労するほど。
     アッツアツでボリューム感もあり旨い。


       

d0101515_16020609.jpg

     キッチンで中華鍋を無表情でふっている
     仙人のような風貌の店主?からイメージすると、
     「黙って 食え!」的な店が多いけど、
     その他の3人のキッチンスタッフや
     ホールの女の子の明るく誠実な接客がとても清々しくて
     ファンが多いのも納得できた。


     当然ながら
     そのボリュームから完食できずにもぞもぞしてたら
     素早く、
     そして丁寧に持ち帰り用の折に包んでくれた。



     「昭和の大衆中華食堂 アサヒ軒」

     今度は、
     冷えたビールと一緒に味わってみたいなあ。





d0101515_16020798.jpg


[PR]

  by carlo-k | 2015-09-04 16:00

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE