<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

器の大きい男になりたい

d0101515_12051369.jpg



   先日、
   兼六園に程近い知り合いの和菓子屋さんに顔だしたとき
   店の人が、名物の和菓子でもてなして下さった。
   個人的に和菓子は苦手だけど
   ここのは別。
   まったりとした甘さと上品な味わいに、
   ほっこりと心が和む。


   「以前は、ご来店くださった方全員にこれをお出ししていたんです。
   でも、このまえの連休の混雑時に、お客さんから
   『昨日、わたしだけ試食させてもらえなかった。』と苦情の電話が
   ありましてね。混雑で気がつかず申し訳ありませんでしたと
   丁寧にお詫びしたにもかかわらず、そのお客様が観光協会に
   再度その苦情を告げたらしいんです。

   それで、
   観光協会から電話が来まして、
   色んなお客さんがいるから気をつけてください。って。
   笑い話で終わりましたが驚きました。
   好意でしたことが裏目に出てしまって。
   以来、混雑時のサービスはきっぱりやめたんです。」

   とゆうことだった。


   わかるなあ。
   居るよなぁ、こういう了見の狭いひと。


    普通なら、
   少々不愉快にはなってもすぐ忘れる程度の
   ことだろうにと思うけど、
   本人にすれば自分だけ無視されたと
   僻んでしまったのだろうね。


   もちろんこれはこれで極端な例だと思うが、
   程度の差はあれ
   こうしたヒガミ根性の心理は自分にもあるかもなあ…


   ヒガミ根性とはちょっと違うけど、
   「バカにしないでね。」
   と思う相手は、いる。
   それは
   待ち合わせに遅刻してくる人だ。

   一度や二度ならともかく、毎回である。

   たかが遅刻かもしれないが、
   それは相手を待たせて平気とゆう無神経さと、
   相手を軽くみている気持ちの現れやんけ!!!
   …と解釈してしまうのだ。



   人間は常に相手と自分の力関係を
   どこかで推し量って暮らしている。
   それだけに、
   相手が誰であろうが常に自然体で行動している人をみると
   大人だなあと思う。

   そうゆう人は、物事や他人にこだわらない。

   他人と協調はしても流されない。

   怒りはあっても、キレない。

   かりに、
   相手の反応が思わしくなくても心持を柔らかに保っている。


   そうゆう人と向き合っていると、
   こちらまで優しい気持ちになってくる。


   そんな器の大きい男になりたい!
   と思いつつ、
   今日もつまらないことにイライラしている自分がいる…。



   繰り返し、反省…。




[PR]

  by carlo-k | 2017-04-20 12:39

カヤヌマ

d0101515_11532692.jpg


    知り合いからいただいた
   オーストリアのパイ風焼き菓子。

   ペッパー・けしの実・アーモンドスライス・パプリカ・アーモンドパウダー
   と、5種類の味わいがびっしり詰まっている。

   塩味が効いてて、
   ふんわりとバターの香りがあって
   凄くリッチな感じ。

   調べてみたら
   ザッハトルテで超有名な霞ヶ関のパテスリーで、
   この焼き菓子は
   なんと3ヶ月待ちの商品らしい(@_@;)


   スパークリングワインやビールにも合いそう(*´∀`*)


   ツッカベッカライ カヤヌマの「ケーゼベッカライ」
   東京都港区赤坂




[PR]

  by carlo-k | 2017-04-17 11:53

優れた料理人

d0101515_10271727.jpg


   「優れた料理人の資質って、なんでしょうか?」

   あるセミナーで
   講師に対して質問者がこういった。


   自身で考えてみたけど、
   良い料理人として基本的に必要なことは
   ”味” がわかることであり、
   料理を愛していて
   食べるということが好きなことだと思う。

   その上で
   良い料理人には共通して特徴があると思う。

    ①向上心が強い
    ②清潔感とセンスがある
    ③情熱があり、良い意味でわがままである


   料理人って
   基本的には「自分が一番や!」ぐらいの自負がないと
   美味しいものは作れないと思う。
   でも、
   だからといって独りよがりではダメ。
   人の意見に耳を傾けられる素直さがなかったら
   進歩は望めないから。

   あと、
  「気が短い」(^O^)



[PR]

  by carlo-k | 2017-04-14 10:26

付加価値

d0101515_11002783.jpg


   先日
   ある京懐石のみせにいきました。

   その料理店には
   女性のソムリエールがいて、
   ワインについて詳しいのはもちろんだけど
   取り揃えている色々な日本酒についても
   まるでワインのように
   詳しい解説をしてくれるのです。

   「こちらの吟醸酒のファーストアタックは、
    まるでブルゴーニュのように複雑な香りがいたします。
    でも飲み進めていくとまろやかで華やかな味に
    変化するんですよ。」

   お客としては
   実に楽しくて充実した時間を過ごせます。


   一方で
   これも先週行った金沢の有名寿司屋でのこと。

   白ワインはありますか?
   との問いかけに
   これしかありませんと持ってきたのがKENZO。   
   注文したケンゾーエステイトの ”あさつゆ” を
   カウンター越しに無造作に抜栓するだけ。
   ぶどうの品種すらわからない感じでした。


   この2店舗のサービスを受けて改めて痛感したのは、
   飲食店が売っているのはワインや日本酒という
   商品そのものだけではなくて、
   それを楽しむシチュエーションを含めて
   買ってもらっているのだ、ということです。

   同じ銘柄のお酒でも、
   雰囲気のよい店で飲むのと、
   騒がしい居酒屋で飲むのとは
   商品価値という点では別物だし、
   同じ店が同じお酒を出す時だって、
   どんなグラス(器)で、どんなタイミングで、
   どんな接客で出すかによって、
   お客にとっての価値は大きく違ってくるということです。


   うちの店でも
   「アルコールが売れないんです。
    だから売上があがらないんです。」
   と嘆く店長がいますが、
   要はどういう工夫をしているかです。

   例えば、
   ワインについても銘柄によっては店で出しているのと同じものが
   酒販店で何分の一の価格で買えたり、
   ネットで調べてお酒の原価に詳しいお客さまも沢山います。
   そんな時代に
   どうして原価の何倍ものお金を払わなきゃいけないのか?
   と思うのは当然のことです。

   逆に言えば、
   原価以上の値段をつけるなら、
   ほかにはない工夫をして
   それにふさわしい付加価値を提供しなければ
   お客様の納得は頂けないということです。



[PR]

  by carlo-k | 2017-04-05 10:59

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE