試食会

うちは、料理屋さん・レストランですから
料理がおいしくないといけません。
そして、その料理のおいしさを しっかり伝えられる
膨らませるサービスが不可欠です。
そういった、いわば当たり前のことを積極的に
取り組むことが、大切だと思います。
d0101515_1251758.jpg

その、一環としてBOSS試食があります。
月に、平均5~6回。
メニュー改正のサイクルが速い店舗に関しては
週に、3回ぐらいあります。
だいたい、1回に付3~4皿。
前菜からドルチェ・ドリンクまで、
新商品はくまなく試食会にかけます。
ここまでに、担当者・スタッフ試食・店長試食があります。
d0101515_1251715.jpg

BOSS試食の考え方は、大きく分けると2つ。
まずは、味わい・値ごろ感などがぼくの考える
クオリティに達しているかどうか。
もうひとつは、その担当者の気持ちが現れているか、独創的であるか
「一皿に気持ちがこもっているか」とゆう点です。
このことを、ゲストの目線で、よりお客様の目線で見ることを
意識しています。
d0101515_1251719.jpg

今年も、各店舗のスタッフがプロとして
BOSS試食に臨んでくれています。
スタッフのみんなが、料理のプロ サービスのプロなら
ぼくは、ゲストの代表 お客のプロでありたいと思っています。
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-14 12:51 | 仕事

デキル奴

d0101515_14592043.jpg

これ、知ってます?

「味 覇」って書いて、ウェイ・パー。

半ねり状態の中華スープの素です。
中華系の調味料は、それこそ山ほどありますが
これは、なかなか優れものです。

煮込み料理や、ちょっとコクを出したいとき
半ねり状だから、ドレッシングにもgood!
でもでも、やっぱ一番なのは 鍋。
魚系でも肉系でも、キムチやチゲなんかにも
いい感じ。

最近のおすすめは、

       「鍋煮込みラーメン」

土鍋に適量の水をはって、沸かします。
そこに丸のまんまのニンニクとウェイ・パーを少量いれます。
あとは、季節の野菜やキノコ、鶏もも肉や
青味野菜を火のとおりにくいものからぶち込んで
インスタントラーメンを半分にカットして投入!

もちろん、鍋がおおきくて大勢で食べるなら
一食分まるごといれちゃってもOK。

弱火にして、しばらく煮込んで
最後には、お約束のたまごを割りいれて
蓋をします。
ひと煮たちしたら、できあがり~~~。


どーです、おいしそうでしょ?
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-13 14:59 | グルメ

ロマン飛行

仕事上やプライベートで、いくつかの商業団体やサークルなど
参加していますが、そんな中でも
いつもワクワクして、出席率100%なのが
「ロマン飛行」
d0101515_12483579.jpg

金沢市内の、中小企業家や個人事業主
金融やサービス、美容師やくるまやサン、グラフィックデザイナーや
クリーニング屋さんなどなど・・・
総勢24名の、異業種交流会だ。

昨日、遅い時間から新年会をかねて打ち合わせがあった。
会員のなかで、今年初老を向かえるなかまが居て
彼らをお祝いしようってことで
「あ~でもない。」「こ~でもない。」
と、やりながらどんどん酒がすすむのでした。
d0101515_12483511.jpg

ちなみに、酔っ払って最後にいつも
みんなで大合唱するのは

米米クラブの「ロマン飛行」です(爆)
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-12 12:48 | プライベート

観葉植物 パートⅠ

オフィスの窓際中央、ぼくのデスクの目の前に鎮座している
MONSTERAモンステラ。
1950~70年代くらいに、世界中で観葉植物として一世風靡した
巨大な植物だ。

いまでも、専門サイトやオークションでもかなり人気
があるヤツです。

色んな育て方があるようですが、うちにあるのは
支柱にからまるように横に葉っぱがひろがってる。


インテリアや家具デザインに興味があって、よくその手の
専門誌や雑誌をみるけど、その中にも頻繁に登場している。
考えたら、ファッションやデザインと同じく、観葉植物も
その時代、その時代で変化していますよね。
ずいぶん昔は、「ゴムの木」や「オリヅルラン」が流行ったし
80年代は「ベンジャミン」。
90年代の代表は、「パキラ」でしょうか。

こいつの、気に入ってるところは なんといっても
そのエキゾチックな雰囲気を持った個性的なところ。
葉っぱが、大きくなるにつれて切れ込みが入っていくんです。

       「モンステラ」

ラテン語で、怪物とか異常とゆう意味だそうです。 
d0101515_1501155.jpg

[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-11 15:00 | 趣味

My Love

性格は、非常に男らしい。

お調子者で自己中で、根に持つタイプで寒がりで、
おお飯食らいで、たまにチビッたりします。

名前は、「レオ」。

ダックスフンドです。
ジャングル大帝レオってアニメ知ってます?
あの、主人公のレオからとりました。

実は、こいつは養子なんです。
友人夫妻が、事情があって飼えなくなってしまって
「どうやろお。」
って、一緒にきたのが初対面。
男っ気が強くて、吼えるは、唸るは、噛み付くは、
だからキン○マ、とられたそうです。

それから、9年。
毎晩、家族の一人一人に『オヤスミ』言いに行って、
朝は、朝飯のおねだりをかかさない
我が家の、かわいい食いしん坊です。
d0101515_1182536.jpg



「エリザヴェス」のしたをとって
「べス」と申します。

アイリッシュ・セッターの淑女。

今年、11歳になるんです。
彼女との出逢いは、奈良県のブリーダーのところでした。
キューティクル、きらっきら!なマホガニーレッドのコートと
悪戯っぽい瞳が、とってもチャーミングで
一目惚れでした。

しかし、さすがは大型犬。

一筋縄ではいきません。
お互いを認め合って、意思疎通が出来るようになるまで
かなりの年月が、かかったような気がします。
今では、前歯がぐらついて 口の周りは真っ白になったけど
まだまだ元気!リードをひっぱる力は衰えるところをしらないし
散歩のときの大量のウ○チ、
今日も元気だ!排便が気持ちイイ~。

ぼくが、どんなに遅く帰っても
「お疲れさま。」
って、やさしく迎えてくれるのも彼女です。

愛してるよ。
ふたりとも、長生きしてな。
d0101515_1182593.jpg

[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-10 11:08 | プライベート

office

今のオフィスは、去年の6月に武蔵から引っ越してきた。

前は、武蔵町にあるドルチェ・カンパーニュの工房に隣接
した場所をつかっていたんですが、なにかと手狭になったのと
いまの場所のビルオーナーのご好意があって決めました。

片町のラブロの左となりのビルの6階で、ぼくのデスクの横の窓からは
こんな景色が見えます。
d0101515_1962933.jpg


竪町の入り口方向をみると、こんな感じ
d0101515_16172337.jpg


引越しを考え出したときに、
1、各店舗へのアクセスの利便性
2、駐車場の有無
3、ある程度の広さ
を、重点にさがしました。

郊外の物件も、いくつか候補に挙がったんですが
いまでは、ここにしてヨカッタ♪って思います。

だって、見晴らしは良いし
     仕事するぞ!って気になるし
     片町にある3店舗には歩いていけるし
     武蔵店にはチャリで行けるし(さすがに久安店には、車でぶ~んと。)
     週末には、教会の鐘の音がきこえて清らかな気持ちになれるし
     洋食屋RYOから、出前はとれるし
     街の人出は、一目でわかるし

とっても、満足してます。

ただ、ひとつ問題が・・・・

朝出てきて、
エレベーターホールの6階のボタンをおして
6階について、ドアが「ウイーン」って開いて
オフィスを見渡したときに、

『なんて、贅沢な空間なんだろう。』

と、毎回思うんです。
先行投資のつもりで思い切って・・・!
とゆう経緯もあったのですが
早くこの空間にふさわしい内容にしなくては。

頑張るぞ!!


 
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-09 16:17 | 仕事

長電話

ぼくは、長電話はあんまり好きではありません。
当然、電話は大体用件を伝えて切る事が多いです。

しかし、たまに例外があります。
東京に住む友人からの電話がそうでした。

彼は、グラフィックデザインの仕事をしていて
ワインに目が無い奴なんです。
ですから、その分野にかけての情報はぼくなんかよりも
数倍、いや数十倍たけてて、とっても勉強になることが多いんです。

「銀座で、すげー店みつけたよ。」

そのレストランは、メインフロアーに『ダイヤモンド・ワインタワー』ってのが
がそびえ立っていて、高さが約8メートルもあるそうだ。
3階建ての高さに匹敵する、ワインタワーってどんなだろう??
 
「今、送るから。」

携帯でとった画像を、ぼくのPCに送ってくれた。
全面ガラス張りになっていて、上のほうに行くほど
客席側にせり出していて、圧倒的な存在感だ。
ワインが並ぶラックは、4段構成になっているのが見て取れる。

d0101515_14111924.jpg

彼いわく、
もっとも注文が多い1万円以下のワインが一番下段におかれ
上段にいくにつれて、ワイン価格も上昇するらしい。
最上段には、かのロマネ・コンティが60本鎮座して、
数十万円から、120万円のものもあるとのこと。
自分たちがたのんだワインがどこにあるか目で追って楽しむ
客も多く、最上段のワインが出ると全員で拍手するらしい(爆)。

そのパフォーマンスが、良いか悪いかはおいといて
赤ワインブームに沸いた1998年以降、前年割れが続いていた
ワイン市場も去年辺りから、回復傾向だとゆう。
ワインの裾野が広がり、自分の舌でワインを選ぶひとがふえることは
とってもうれしいことだ。

「銀座の店、今度行ってみよ~っと。」
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-08 16:33 | 仕事

ホットサンド

寒くなると、無性に食べたくなるものは色々ありますが
その中のひとつが、ホットサンド。

いろんなところで、手軽にたべられるけど最近のヒットは
ドトールコーヒーだ。

ドトールは、この分野ではスターバックスから大きく水をあけられてて
今まで、たしか和風サンド一種類しかなかった。
しかし、先日のぞいたら2種類のホットサンドが発売されてて
その名も「イタリアン・パニーノ」。

海の幸を具にした「ペスカト-レ」と「チキンの野菜のトマト煮込み」だ。
パンも、おおきくなってチーズもたっぷり!

2つとも食べてみたが、個人的には「チキン・・・・」が好きだな。
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-07 15:27 | 趣味

宅配ピザ

友人宅で、新年会。

ホスト役の彼が、「久しぶりにピザが食べたぁ~い。」
ってことで、奥さんが作ってくれた旨そうな料理が
たくさんあるにもかかわらず、注文することになった。

日本ケンタッキー・フライド・チキンが展開する、
宅配ピザの「ピザハット」が、金沢にできてまだ間もないが、
ポストに入ってくるチラシで気になっていたのがあったから、
あえて友人が経営している「ストロベリー・コーンズ」は今回ははずした。

『みみ』が、パンなんです。
ピザの縁が、小型のロールパンになってて
しかも中にチーズまで仕込んであるんです!
カニエビマヨキング、Lサイズを注文したら
ずらっと縁に、小型ロールパンがはりつけてあって
1,2,3,4・・・っと数えてみたら24個も!!!
付いてくる、ハチミツ入りメープルシロップをかけて食べると

    「う~ん、おいしいじゃない。」

少し辛いピザと、対照的でなかなかイイかんじなんです。
見た目は、「なんじゃ、こりゃ。」
だけど、お得感があって大人気でした。


うちの店でも、応用できないだろうか・・・・
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-06 16:05 | グルメ

新年会

4日の夕方から、片町振興組合と町会合同の新年会がニューグランドホテルで開催され
出席してきた。

谷本石川県知事や石川選出国会議員の岡田氏、もろもろの偉い人ばかりで
最初は緊張も手伝って、席についてもイマイチ居心地が悪かった。

・・・が、会食が進むにつれ皆さんとも名刺交換できて、やわらかい雰囲気になってよかった。

そのあと中締めがあって、2次会に突入!
この頃になると、皆さん酒もたっぷり入ってイイ感じでカラオケで盛り上がった。

        「はい!つぎ3次会いくひと~」

もちろん、ふたつ返事で組合の有志10名ほどで隠れ家的バーへ。
ワインを飲みながら、理事長とも久々にゆっくり話せた。
「さあ、そろそろお開きにしましょう。」
会費を払って出ようとしたとき、奥のフロアーから

           「堀さ~ん♪」

のぞいてみたら、野々市にあるイタリアンレストランのオーナーシェフ K氏だった。

       「おー、久しぶり。明けましておめでとう。
                  今年もよろしくおねがいします。」

とゆうことで、呑みなおし。
調子にのって、もう一軒バーへ行って
帰ったのが 朝の5:00でした。

「もうしばらく、酒はいりません。」
[PR]

  # by carlo-k | 2007-01-05 12:25 | 仕事

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE