ベクトル

d0101515_11522417.jpg
  



   先日、
   若い料理人と数人で飲む機会があった。


   焼き鳥屋で他愛もない話をしながらレモンサワーを呑んで、
   二軒目のワインバーで
   3ん本目のメルローを注文した頃に
   隣にいたAくんが
   いきなり真面目な顔をして、

   「夢や目標を勝ち取るには、何が一番大事ですか?」
   って。


   そういう話は
   もっとシラフの時に聞いてよ…と思いながら。



   具体的に行動をおこすこと。

   目標に向かっている時って
   それに向かっている歩幅やスピード感が気になると思うけど、
   それって周りの環境など色々な影響がありますよね。
   すごい勢いで近づいてる時もあれば、
   ほふく前進や
   まったく前に進めてない時だってあります。

   だけど
   ベクトルの向きが自分の目指してる方向へ合っていれば
   それで良いと思います。

   要は、
   目標を決めたらブレずにベクトルを合わせること。

   思うように進まないと、
   「こっちじゃなくて、あっちかも。」と
   ほかの向きに進みたくなるものですが、
   少しずつでも、
   速度が遅くても
   ベクトルの向きが大切ですね。


   と、


   話しているうちに4本目のメルローへ(>_<)





[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-16 11:51

第30期 社員総会

d0101515_13160805.jpg

d0101515_13164622.jpg
d0101515_13172103.jpg
d0101515_13185335.jpg

d0101515_13182913.jpg

d0101515_13193531.jpg

d0101515_13195595.jpg

d0101515_13202643.jpg

[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-06 14:10

知っておいてほしいこと

d0101515_13450084.jpg



 「売上を上げるにはどうすればよいか?」


  を考える前に


 「店の価値を上げるにはどうすればよいか?」


 「お客様に、
  うちの料理やサービスは価値が高いと
  感じてもらうためには、今なにをすべきか?」


  それを、
  とことん追求して
  お客様の目に見えないところから
  改善・改革していきましょう。


  手間をかけることをいかに楽しむか。


  お客様の喜ぶ顔を想像しながら。


  そうすれば、
  ジワジワとお客様が増えて
  売上が上がってくるに違いありません。



  お客様にとっての価値を上げるとは、
  そういうことです。




[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-30 13:44

初収穫

d0101515_13092529.jpg


   自社農園を立ち上げて約半年。

   クレソンやロメインレタス、
   水菜やハーブ類など
   ピカピカの無農薬野菜たちが収穫できました。




d0101515_13094043.jpg


d0101515_13095507.jpg


d0101515_13103705.jpg

d0101515_13103982.jpg


d0101515_13105786.jpg

d0101515_13105972.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-26 13:08

2017 クリスマスケーキ

d0101515_13081442.jpg

   もうこんな時期かって思うほど
   最近は時間の流れが早く感じます。

   レギュラーケーキの他の、
   新作ケーキの試食会。



d0101515_13081645.jpg

d0101515_13081833.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-25 13:07

デリバリー

d0101515_15374147.jpg


   商業施設にあるセレクトショップの
   オープニングレセプションで、
   オードブルとフィンガーフードのオーダーがありました。



d0101515_15374370.jpg

d0101515_15374519.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-18 15:37

看板

d0101515_17055072.jpg


   自社農園の看板ラフがあがってきた!

   こうやって
   新しい挑戦が
   一つ一つ形になってくると
   ワクワクします(o^^o)





[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-14 17:05

結婚式

d0101515_10472176.jpg


   清々しい
   最高の秋晴れになった日曜日、
   カフェアルコPREGOのシェフ宮川の結婚式がありました。



d0101515_10474641.jpg
   


   宇多須神社での挙式のあと
   東山の花嫁道中。

   沿道の観光客や外国人にも祝福されながら、
   盛大な披露宴は金城楼で。




d0101515_10480652.jpg



   考えてみると
   結婚式や披露宴に出たのは何年ぶりだろう…。


   本当に素晴らしい式でした。



d0101515_10490937.jpg

d0101515_10491303.jpg

d0101515_10491684.jpg

d0101515_10492082.jpg

d0101515_10492411.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-11 10:46

5S

d0101515_13172859.png



   ビジネス用語で使われる言葉。


   「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」

   を指します。


   「忙しくって、なかなか時間が取れない…。」
   って よく言ってる人がいますが、
   大体の場合は職場と頭の中の整理整頓がされてなくて
   「いっぱいいっぱいや」と錯覚してる場合が多いよという意味。


   大事なことの優先順位をつけて、
   限られた時間を有効に活かすこと。

   「整理」→ 不要なものは捨てる。
   「整頓」→ 必要なものを直ぐ準備できるようにすること。
   そうすることで
   整理整頓とともに職場を綺麗に磨き上げること。
   そして、
   それらの考え方や行動をシャワーして
   チーム全体の力にしていこう!!
   という意味です。



[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-06 13:16

経験値

d0101515_14090533.png




   最近つくづく思うことがある。


   『レストランとして
   お客さまを納得させる味を生み出すには、
   時代の背景を読み解く力がとても重要だな』ということを。


   料理人にとって味の追求は永遠の課題だけれども、
   ただ闇雲に追いかけてもダメですね。


   ”美味しさ”というのは、

   一つは
   時代の要求(お客様のニーズ)によって
   作り出されていくものがあります。
   例えば糖質制限やグルテンフリーなど
   食べる人がイメージする「幸福な食卓」の変化に応じて
   変わっていくものがります。

   一方では、
   3つの基本的な「おいしい」があると思います。

   ①マンマの味。母親から幼児体験的に舌に残っている味。
   ②自分の引き出しや経験から感じる味。
   ③その時の流行りやロケーションでコロコロかわる味。


   お客様のなかにはその時々で
   「あの店のあの料理を食べなきゃ!」という調子で、
   それが以前まで流行ってて
   美味しいと感じたものと違っていても、
   さほど気にせず、
   「美味しいーっ!」 と言ってしまったりします。

   あるいは、
   フーディーズ(各国を食べ歩く美食家と称する人たち)のように
   お客様の方が料理人以上に
   各国料理に精通している場合も多いです。



   じつは、
   料理人の中にも新しい料理に出会うたびに
   自分の”美味しさ”の基準を変えてしまう人がいます。

   また、
   昔習った味付けや調理に固執して
   新しい手法や美味しさを
   受け入れられないひとも少なくない。

   でも 
   それではプロとして
   今の時代を生き抜くことは難しいと思う。




   大切なのは、
   時代背景を勉強し
   自身の味覚を研ぎ澄ませるように
   ”美味しい”ものの
   「基準値」を高める努力をすること。




   「わたしにとっての最高のコートレッタはあの店で食べたもの!」


   と言われるような
   お客様の「基準値」になるような
   オリジナリティ溢れる料理を目指したいものです。





[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-05 14:08

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE