お客様にとっての価値

d0101515_13041211.jpg
     


     飲食店は
     来店したお客様が
     料理やケーキを食べて
     サービスを体感して
     「わあ、いいな!」という感動を発信する、
     磨き続ける事が使命です。

     店にそういう雰囲気が充満していればお客様が来てくれます。

     お客様が感動すれば、その感動は人に伝わります。

     そうやってはやっていくのが一番なんです。


     ただ、
     物事にはどのあたりを目指すのかっていう基準があって、
     この基準でありレベルが志しのある店は
     自ずと高いわけです。

     当然、お客様は比べます。
     立地とか、付帯設備とか、商品とか、プライスとか…。

     そして、
     その時どきの来店動機によって他店と比べられた時に
     最後の決め手になるのが
     「おもてなし力」です。


     「売上を上げるためにはどうしたらよいか?」を考える前に、
     「店の価値を上げるにはどうすればよいか?」
     「お客様に、うちの料理やサービスは価値が高い!
      と感じてもらうためには今なにをすべきか?」

     それを、
     とことん追求していくことが大切。

     手間をかけることを いかに楽しむか。
     お客様の喜ぶ顔を想像しながら。


     お客様にとっての価値を上げるとは、
     そういうことです。








d0101515_13041282.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2016-11-02 13:03

店との正しい付き合い方

d0101515_13493637.jpg


     最近おもうこと。


     店や街とのつきあい方がわからない ”こども” が増えている。

     初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や
     金さえ払えば何でもしてくれると思う人。
     お客様は神様、なんてことを本気で思っている人が多い。


     特に
     グルメを気取ってあれこれと
     周りを顧みずに
     どーでも良い評論を並べ立てる人。

     迷惑以外のなにものでもないなあ…。


     双方にルールがあって、
     そのうえでお客はその空間と時間を買って
     店側は料理とサービス・付加価値を提供する。

     平等ではなく、公平な関係なのだ。




     飲食店って「幸せ」になれるとこ。
     その幸せ感はそれぞれで良いけど、
     そうなるには
     ちょっとした努力やコツみたいなものが必要です。




     店を探す時に
     イタリアンやフレンチ、
     割烹や鮨といったミシュランガイド系ジャンル、
     はたまた焼肉やラーメン、
     カレーなどグルメ誌特集系アイテムの店情報は手に入れやすい。


     けれども普段遣いの店、
     いわゆる普通のごはん屋や
     「仕事帰りに一杯」といった場合のうまい店情報は案外少ない。


     この普段遣いができる店を持っていることこそ
     「しあわせ」になれる近道だと思う。


     店のジャンルは居酒屋でも焼鳥屋でも、おでん屋でもいい。

     要は酒場の要素があるところ。
     旨い料理と酒、
     店の空気感が自分に合って「ここだ」と思ったら、
     定期的に通ってその店のコミュニティーの一員になる。

     コミュニティーなんて言うと大層だけど、
    「店の輪」あるいは「店の仲間」みたいなものかなあ。


     そうなるともう、
     どんどん幸福感が倍増していって
     人生そのものに
     ”肉” がつくような気さえしてきます。




     グルメぶってどんなに高級店を知っていても、
     普段遣いのいい店を知らないと
     人生は楽しくないと思う
     今日この頃です。





d0101515_13493730.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-29 13:48

パンケーキ

d0101515_11512044.jpg


     北海道まで
     パンケーキを食べに行ってきた。


     札幌では
     ふわふわスフレタイプのパンケーキが
     トレンドらしい。


     ススキノから
     タクシーで15分ほど
     大倉山方面に走ったところにある
     あじさい珈琲。




d0101515_11512192.jpg


     11:00の開店にあわせて
     入店したけど
     すでに満席。


     しかも
     焼き上がりまで90分かかると告げられ…(゚o゚;


     めげそうになった。。。


     待ちに待って
     登場したパンケーキは
     生地にリコッタチーズとメレンゲが練りこまれてるタイプで、
     ふわふわプルプルなタイプ。
     バニラアイスとの相性が抜群!!



d0101515_11512188.jpg



     その後も
     次々とお客さんが来店して、
     60~80分待ちって告げられてる。。。



     しかし…

     このお客さんたち、
     昼ごはんはパンケーキってことだろうか(゚O゚)



     

[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-27 11:50

グルメランキングに載らない店

d0101515_11525984.jpg



     世の中
     SNSでサクっと検索って
     当たり前になってきた。

     旅行や出張で県外に出た時など、
     そのジャンルのサイトや
     インスタグラム等で
     ホテルや飲食店の評判や写真を見て
     決めることも定着していますね。





d0101515_11530033.jpg



     しかし…だ。

     こと飲食店に関しては
     体験してみなければわからない。

     どれだけ
     他人が高い評価をしていても、
     それは
     あくまでも
     ある程度の参考の域なわけで、
     鵜呑みにはしないほうが良い場合が多い。




d0101515_11530184.jpg


     今回も
     その典型。

     名古屋に着いて、
     うまい焼き鳥が食べたくて、
     サイトで検索して
     高評価だった店に行ったみた。



     が、

     30席ほどの店のカウンターにお客がひとり。

     居酒屋のようなメニュー構成。

     何より覇気がない。

     ビールだけ飲んで、
     早々に退店。




d0101515_11530176.jpg


     地元の人間に聞いて、
     気を取り直して
     行った店が
     大当たり!



     「旨い焼き鳥 食わせます」という
      オーラでムンムンしている。


      当然 満席。




d0101515_11530276.jpg


d0101515_11530388.jpg



     大将が凛としていて、
     スタッフの仕事ぶりが
     誇りに満ちている。


     酒がすすむし、嬉しくなる。

 

     ホワイトカラーな客層のなかに、
     常連らしき人が
     数人カウンターに。

     もう
     店の雰囲気や空気に ”溶け込んで” いるのだ。


     羨ましいなあ。。。




d0101515_11530490.jpg


d0101515_11530452.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-25 11:51

ボトムアップ

d0101515_11501641.jpg



     ものごと、
     トップダウンや言いっぱなし
     丸投げでは
     決して良い結果は生まれないと思う。


     しかし、
     いわゆるボトムアップとは
     こちらが期待するほどのレスポンスがないのが
     世の中の常かもしれない。


     うちの会社も
     残念ながら
     その例に漏れず。


     重要な案件にもかかわらず
     ラインやメールの返信が普通になかったり、
     ミーティングや試食依頼の連絡に
     こちらが
     すぐさま返信しても
     いつまでたっても連絡がなかったり…


     要は、
     自分ごととして捉えていないんだなあ。。。


     こちらが思っているほど
     優先順位の重要度が低いのだ。


     これは、
     たいがいの場合、
     成績の悪い店舗や
     仕事のできないやつほど
     そういう傾向がつよい。






     社員総会での研修や勉強会に対しての
     報告書が届いた。

     いわゆる、
     社員・スタッフからのボトムアップだ。
     その人その人の立場で、
     正直に書かれている。
     そして、
     ビジョンや向上心、
     積極性が具体的に書かれている。




     
     このモチベーションを
     膨らませていくことが難しい。。。





[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-24 11:49

寿司屋のありかた

d0101515_12524028.jpg



     あくまでも
     個人的な主観だけど
     春先ぐらいからはじまった
     高級寿司店の開業ラッシュ。


     それはまさに
     タケノコが出てくるがの如く
     次から次へと。


     ほぼ
     その全店舗に行って見て思うこと。


     顧客視点がない。


     店の作り、おんなじ。
     メニューは全て ”おまかせ” という名の高価格。
     押しつけのように出てくるお通し。
     飾り物のような値付けの
     ワインやシャンパーニュ。


     銀座や新地ならいざ知らず。


     尋常じゃないなあ。


     寿司屋って、
     大将が仕入れてきたネタが見れたり
     やりとりがあって、
     ビールや日本酒や
     自分の好きな酒を呑りながら
     自分が食いたいって思うネタを
     すこし切ってもらったり
     時には初っ端からにぎってもらったり。


     そこに
     焼き物があってもいいし
     そういうやり取りの中で
     旬を感じたりする
     そういう空気感がとても大事なんだと思う。


     店のキャパも
     ”おまかせ” の出し方も
     全部 店側の都合。


     そんな店
     ぼくはいかない。


     個人的には、
     ネタケースのある店が
     かっこいい。


     できれば
     水槽にサザエやアワビなんかがへばりついてる、
     そんな
     寿司屋が好きだなあ。。。




d0101515_12524172.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-21 12:51

格言

d0101515_14484834.jpg
 


    「やってみせ、言って聞かせてさせてみて、
     褒めてやらねば人は動かず。」


    言わずと知れた山本五十六の名言です。


    実は、
    この名言には続きがあります。


    「話し合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば人は育たず」


    さらに、


    「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず」




    動いて育って実る。

    山本五十六って方は、
    ほんとうに凄いなあ。



    店作りは、人づくり。




    頑張ろう!!!!




[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-20 14:50

29期社員総会&経営発表会

d0101515_12301527.jpg



d0101515_12293651.jpg
d0101515_12310464.jpg
d0101515_12314259.jpg

d0101515_12323561.jpg


d0101515_12332022.jpg
d0101515_12340713.jpg


    早いもので29回目の社員総会。


    前期の春に6名の新入社員を迎えて、
    さらに社内が若返った。

    メリットもあれば、
    そうでない事もある。

    はっきりしているのは、
    何のために働いて
    どこを目指しているのかを
    言い続けて行くことだと思う。

    ベクトルを合わせるのは
    そんな簡単なことではないけど、
    しっかりと踏み進めていきたい。


    来年は
    筋目の30周年。

    良い形で繋いでいきたい。




[PR]

  # by carlo-k | 2016-10-19 12:28

東山ロベールデュマ 夏のメニュー

d0101515_11345864.jpg



d0101515_11345984.jpg



d0101515_11345970.jpg



d0101515_11350069.jpg



d0101515_11350057.jpg



d0101515_11350163.jpg



d0101515_11350178.jpg



d0101515_11350283.jpg



d0101515_11350243.jpg



d0101515_11350374.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2016-08-08 11:31

こころ

d0101515_12081018.jpg





技やテクニックを磨くのは大事なことです。
 
   それは毎日の積み重ねだから
   ある程度の年数は当然かかります。



   ただ、
   お客様に
   楽しんでもらいたい!

   おいしく食べてもらいたい!!

   という心は
   料理人としての年数に関係なく育むことができます。


   そういう心こそが
   料理人として不可欠なものなのです。




[PR]

  # by carlo-k | 2016-06-28 12:07

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE