向き合い方

d0101515_12134635.gif



  幹部社員や社歴の浅いスタッフにかかわらず、
  それぞれ、
  技術の差はあるにしても
  みんな自分なりに一生懸命仕事と向き合っています。

  基本的に素直で真面目なひとばかりです。

  その上で
  その時々のタイミングで
  仕事の中身や姿勢に対してそれぞれに求めていることや、
  大切なことを説明します。

  だけど、
  すこし時間が経ったりすると

  仕事の手順をとばしたり
  確認をしなかったり
  投げっぱなしになっていたり
  品質が下がっているものでも使おうとしたり

  ということが起きたりします。



  「なんでそうなるのだろう?」
  「どうして手を抜くのだろう?」

  と考えてみると
  ひとつひとつの仕事に対する向き合い方の違いが
  起因していることが多いと感じます。




  プロとしては、

  「もう少し良くする方法はないかな?」
  「もっと美味しくなるんじゃないかな?」
  「もっと生産性を上げる方法はないかな?」

  と、常に考えてほしい。

  今の状態に満足せずに、改善点を探すこと。
  トライ&エラーを重ねつつ
  能動的に完成度をあげようとすることが重要です。


  しかし
  結果的に仕事に対して手を抜く人は
  言われたことや指示された事に対して


  「きちんとミスをせずやろう」


  ということがモチベーションの中心になるので、
  仕込みがいつもより多かったり
  営業のスピードやオーダーが沢山はいったり
  前日飲み過ぎたり…
  というマイナスの負荷がかかると
  一気にクオリティーが下がるきらいがあります。



  強い意志を持って


  「うーん!何かもっと進化させるやり方はないのか!!」
  「こんなんじゃなくて、もっと改善したいんや!!!」

  という
  前に進もうとする強い意識が大事だと思います。


  「いまより もっと良くする方法はないのか!!!!!」


  と常に考える癖をつけることが
  向き合い方を磨くことにつながります。





[PR]

  by carlo-k | 2018-02-28 12:13

<< 感動 面接 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE