感動

d0101515_12483398.gif



   物をつくるとき
   その作り手がひとつひとつの変化に感動できるかどうか。


   さかなにうす塩をしたとき。
   野菜の切り口が綺麗に切り揃えられたとき。
   なかなか出来なかった肉の焼き加減が上手にできたとき。
   前日あけた赤ワインを試飲して変化を感じた時。
   トマトソースの最終段階を確認したとき。
   長い時間かかって資料を書き上げた時。
   自分の部下の成長を垣間見たとき…etc


   毎日の仕事の中で、
   小さなことにも
   いちいち感動できるかって、
   とても大切です。


   ひとつのことを作り上げていくには、
   沢山の変化があり、
   工程があり、
   プロセスがあります。


   そのひとつひとつの変化に感動することができていれば、
   きっとたくさんの感動が詰まったものになると思います。


   また、
   その感動を忘れないように
   そこに留めることができるかも大切です。
   ため込まなければ感動は目減りします。
   自分が喜んでいるだけでは不十分なわけです。

   感動したその感覚を、
   増幅させて、
   熟成させることで
   ひとに伝えることができると思うのです。




[PR]

  by carlo-k | 2018-03-05 12:47

<< クラッシック 向き合い方 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE