原価

d0101515_15095636.gif

  

  あらゆる商品には原材料費である「原価」が存在します。

  中には、高いにしろ安いにしろ「こんな原価なのか!」
  と驚かされる物も沢山ありますね。
 

  また、
  「原価」には大きく分けて
  「売上原価」と「製造原価」があって、
  何処までが原価なのかを割り出すことは難しいかもしれません。


  例えば、僕もたまに使っているコンタクトレンズ。
  一般的に市場で数万円しますが、
  原価は50円以下という驚く安さで製造されているのは
  有名な話です。
  しかしながらその研究開発費、
  広告費などを含めるとその売値単価は跳ね上がるわけです。



  では、ワインの場合はどうでしょう。


  基本的にワインは葡萄という農産物なので、
  高級ワインであろうが安物であろうが、
  生産費用そのものはさほど高くありません。

  しかし、
  農作物はその品質を上げようとすると、
  人件費は嵩み、収穫量は下がります。

  また、
  多くのワインは仲介業者を通すためその手数料。
  日本に輸入するための輸送費、関税、酒税。
  そして
  輸入商社の利益や販売店の利益が含まれるので
  ことは単純ではありません。

  なので、
  現地で買えば数百円のワインが
  日本で数千円になるのも仕方のない事なのです。
  
 

  まっ、
  あんまし難しいこと考えずに
  豊かな気持ちでワインを楽しみましょう(*´∀`*)



[PR]

  by carlo-k | 2018-04-18 15:08

<< 新商品 付加価値 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE