価値を磨く

d0101515_13203071.jpg




  飲食店は
     来店したお客様が
     料理やケーキを食べて、
     サービスを体感して、
     「わあ、いいな!」という感動を発信し続けること、
     磨き続ける事が使命です。


     店にそういう雰囲気が充満していればお客様が来てくれます。


     お客様が感動すれば、その感動は人に伝わります。


     そうやってはやっていくのが一番なんです。


     ただ、
     物事にはどのあたりを目指すのかっていう基準があって、
     この基準であり レベルが、
     志しのある店は
     自ずと高いわけです。



     当然、お客様は比べます。
     立地とか、付帯設備とか、商品とか、プライスとか…。
     同じ条件だったらA店よりB店の方がいいなあ…と。


     そして、
     その時どきの来店動機によって他店と比べられた時に
     最後の決め手になるのが
     「おもてなし力」です。


     「売上を上げるためにはどうしたらよいか?」
      を考える前に、

     「店の価値を上げるにはどうすればよいか?」

     「お客様に、うちの料理やサービスは価値が高い!
      と感じてもらうためには今なにをすべきか?」


     それを、
     とことん追求していくことが大切。


     手間をかけることを いかに楽しむか。
     お客様の喜ぶ顔を想像しながら。



     お客様にとっての価値を上げるとは、
     そういうことです。





[PR]

  by carlo-k | 2018-06-17 13:18

<< 現場力 東山ロベールデュマ5周年ガラディナー >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE