<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

サービス

d0101515_14090311.gif



   アパレル業界の経営者と会食。


   彼が展開しているビジネスのメインコンテンツはファッション。
   そのファッション業界をめぐる状況は、
   残念ながら決して楽観視できるものではないとのこと。

   その要因として挙げられることのひとつに「ボーダーレス」があるという。

   一人のお客様がファッションに関して対象とするものや
   ブランドの幅が非常に大きく広がり、
   境界線がなくなってきているとも。

   例えば
   ラグジュアリーとストリートをミックスすることやジェンダーレスなどなど。
   スーパーブランドのアウターを羽織って、
   ボトムスはUNIQLOとか。


   テイスト自体もボーダーレスだけど、
   洋服を購入する店や場所、地域も、前に比べてどんどん選択肢が広がり、
   境界線が曖昧になっているということなのかも。

   「オーバーストア」現象で
   供給する側の数が圧倒的に多くなっていることも
   競争激化に拍車をかけていることは想像できますね。


   興味深かったのは、
   現在の20代や30代のひとがお金を使う対象は、
   非常に細分化されてきているということ。

   僕らの世代のように、
   ファッションや車だけに特化してこだわるということが少ないし、
   ファッションも食べ物もデジタルツールも必要という豊かな生活の中で、
   ファッション単体に対してかけるお金が少なくなってくるのは当然だと。。。


   これはもう、
   飲食業界と完全にオーバーラップしてますね。


   では、
   そんな中で選ばれる店の条件とは?


   決め手は、サービス力。


   サービスの定義は様々だけど、

   ①高い品質
   ②値頃感
   ③おもてなし力



   リアルでシュールな熱い時間でした。


[PR]

  by carlo-k | 2018-04-24 14:08

新商品

d0101515_13385782.jpg
d0101515_13390955.jpg

[PR]

  by carlo-k | 2018-04-22 13:39 | 仕事

原価

d0101515_15095636.gif

  

  あらゆる商品には原材料費である「原価」が存在します。

  中には、高いにしろ安いにしろ「こんな原価なのか!」
  と驚かされる物も沢山ありますね。
 

  また、
  「原価」には大きく分けて
  「売上原価」と「製造原価」があって、
  何処までが原価なのかを割り出すことは難しいかもしれません。


  例えば、僕もたまに使っているコンタクトレンズ。
  一般的に市場で数万円しますが、
  原価は50円以下という驚く安さで製造されているのは
  有名な話です。
  しかしながらその研究開発費、
  広告費などを含めるとその売値単価は跳ね上がるわけです。



  では、ワインの場合はどうでしょう。


  基本的にワインは葡萄という農産物なので、
  高級ワインであろうが安物であろうが、
  生産費用そのものはさほど高くありません。

  しかし、
  農作物はその品質を上げようとすると、
  人件費は嵩み、収穫量は下がります。

  また、
  多くのワインは仲介業者を通すためその手数料。
  日本に輸入するための輸送費、関税、酒税。
  そして
  輸入商社の利益や販売店の利益が含まれるので
  ことは単純ではありません。

  なので、
  現地で買えば数百円のワインが
  日本で数千円になるのも仕方のない事なのです。
  
 

  まっ、
  あんまし難しいこと考えずに
  豊かな気持ちでワインを楽しみましょう(*´∀`*)



[PR]

  by carlo-k | 2018-04-18 15:08

付加価値

d0101515_12034510.gif



   最近、
   イノベーションという言葉をよく聞きます。


   「社内にイノベーションの風を!」とか
   「住宅をイノベーションしませんか?」とか。


   日本語に直すと
   ”技術革新”と訳すため
   大企業や大学の研究機関の専売特許のようないイメージがありますが、
   本来は
   既に世の中にある技術や知識、
   ノウハウやブランドなどを組み合わせて
   新しい付加価値を生み出すことを指すようです。


   料理もサービスも、
   イノベーションを強く意識して
   付加価値を生み出すことが大事ですね。






More
[PR]

  by carlo-k | 2018-04-12 12:03

2018年入社式

d0101515_11422532.jpg
d0101515_11315669.jpg
d0101515_11310834.jpg
d0101515_11313449.jpg
d0101515_11435761.jpg
d0101515_11303772.jpg



今年も6名の新入社員を迎えました。

「仕事は与えられるものではなく
掴み取っていくもの。
そして、自ら考えて作り出していくもの。」

彼らの活躍に大いに期待しています。



[PR]

  by carlo-k | 2018-04-08 11:29

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE