<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

極めるということ

d0101515_11440969.jpg
 




「単純なことをキチンとやる意味を教えることが大事ですね。」



    先日、
    県内に多店舗展開している某スーパーの
    バックヤードを見学させてもらった時、


    ”何に注意してトレーニングされていますか?”


    と聞いたことに対して
    スタッフの担当トレーナーさんが
    優しく、そして明確に答えてくれた言葉。


   「例えば
    ウォークイン冷蔵庫に段ボールの食材を搬入するときは、
    角を揃えて整理整頓して並べること。
    そうすることで、
    食材の種類や検品も効率的に出来るようになり
    他のスタッフもスムーズに作業ができるんです。
    ただ、その意味や意義を教えずに作業だけを教えると
    どうせ見てないだろうと手抜きをして
    適当に積んでしまうことになるんです。」



    その通りだなあ。
    当たり前のことだけど、
    意外と出来ていなかったりします。



    「良い仕事」をするには、
    一つのコツがあります。


    それは、
    簡単な単純作業ほど
    誰が見ても完璧にできるようになることです。


    簡単なことほど見よう見まねでやらせようとして、
    中途半端に進めることが多いかもしれませんが
    それでは身につきませんね。
    たとえばワインのステムグラスを綺麗に効率的に磨き上げる方法など、
    最高のクオリティで一番早くできる手順をキチンと教えて
    そうなるまで、
    出来るまで、
    正しいやり方を繰り返してやっていると、
    反復効果で間違いなく完璧に出来るようになります。


    スピードがアップして作業力があがれば、
    店の生産性もあがります。


    この作業力を高める意味はとても大きいですね。
    なぜかというと、
    凡事・細事をより丁寧にしたり
    より良い仕事の仕組みを考えるための
    余裕を作り出してくれるものだからです。


    1時間という時間の長さは、
    誰にとっても同じだけど
    こういう『余裕』を作り出せるかどうかが
    重要なんですね。




[PR]

  by carlo-k | 2018-07-25 11:42

コミュニケーション

d0101515_11595807.jpg


  


  コミュニケーションは
  人間関係の根幹です。


  だからこそ、
  世の中で重要視されるのです。


  その
  コミュニケーションには
  基本的なルールがありますよね。


  トップダウンや言いっぱなし
  丸投げでは
  決して良い結果は生まれないと思います。



  とくに
  会社組織の中で
  様々な情報共有をするときに
  その情報を発信するひとと
  受ける人との関係性にもルールがありますね。


  たとえばLINE。


  社内にはいろいろなグループラインが存在し、
  それぞれのグループで情報共有に使っているけど、
  発信者のコメントに対して
  既読スルーするひと。


  これ、ルール違反です。


  これは
  目の前のひとが笑顔で挨拶しているのに
  無表情で目をそらすようなものだと思います。



  仕事上のグループラインに登録していて
  仕事上のコメントに対して
  自分に直接関係のない事柄であっても
  自分なりのコメントを返すのは
  コミュニケーションの基本です。


  逆にいえば、
  自分が入っているグループラインにUPされる事柄は
  あなたに関係のないことなど一つもないのです。






[PR]

  by carlo-k | 2018-07-06 11:59

大事なこと

d0101515_11383983.jpg



  来年
  飲食に就職を考えているひとに

  「どうアプローチすることが一番早道か教えてください!」

  と 元気よく聞かれた。


  アプローチとか早道とか 
  よーわからんけど、
  自分の大事だと感じている考え方を話しました。



  飲食サービス業で働き、
  その道のプロフェッショナルを目指す人に
  必要不可欠なものの一つが
  「感受性」です。


  これ、とても大事です。


  そして、
  それを高めていく
  育んでいくための素養があります。


  それが以下の3つです。


  1.素直
  2.勉強好き
  3.プラス思考


  1. 素直であれば、色々なことを吸収でき
    向上心につながります。
    そして、「感動力」が身に付くようになります。

  2. いわゆる学校で習う教科がどうこうではなく、
    自分が関わることに好奇心を持ち、
    いろんなことにアンテナを張ろうということです。
    また、
    興味を持った事柄に対して深く掘り下げて調べることで
    自分の引き出しが増えて自信に繋がって行きます。

  3. プラス思考は生きていく上でとても大切な要素です。
    物事をポジティブに考えることで、
    チャレンジしたり楽しんだりでき、
    それが行動力に繋がります。


       
  この3つ
  実は、順番が大切です。

       
  素直であるからこそ、
  勉強したいという気持ちが生まれて、

  勉強を重ねるからこそ夢や希望・自信が膨らみ、

  自信や誇りを持ち胸を張れるから、
  何事にもプラス思考で行動できるのです。




[PR]

  by carlo-k | 2018-07-02 11:37

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE