<   2018年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

伝えるということ

d0101515_16444894.jpg


  
  「美味しいものをだしているからお客さまが集まる」


  ということだけでは、
  美味しいものが世の中に溢れている時代に
  お店を存続していくことはできません。

  美味しいものを提供することは当たり前で、
  それをどう伝えていくのかで差がつきます。


  伝え方は人それぞれでよいのです。


  写真やその写真に添えるコメント、
  それをブログやSNSで書くのもいいし、
  定期的なイベントを開催して発信したっていい。


  要は、
  「よそとどう違うのか?」
  「だれが作っているのか?」
  に 興味を持ってもらうことです。


  そして、
  料理やサービスをお客様が味わって
  すごく良かったら 勝ちです。


  そのためには
  コミュニケーションをしっかりプランニングできることが
  大事だと思います。


  その最たるものが ”エンターテイメント”。
  海外では
  料理人やサービスマンのことを
  「職人」ではなく「クリエーター」と呼ぶそうです。


  自分の仕事にテーマを設けて、
  それを元にコミュニケーションを図る。


  素材はもちろんのこと、
  盛りつけや器、
  カトラリーやユニフォームまで意識をして
  違いを外に伝えることが重要です。




[PR]

  by carlo-k | 2018-09-09 16:44

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE