カニ!!


            『三度のメシよりカニ好き』
        の娘と息子をつれて、橋立にいってきた。

                 「山本屋」さん。

加賀でレストランを経営している友人から紹介してもらって
はじめて行ってきた。北陸自動車道の片山津インターをおりて
橋立港にむかって、約10分。

  魅惑の世界に到着だ。
d0101515_16415350.jpg


お店は純和風で、とおされた部屋は まるで温泉旅館のように
落ち着いた風情。
窓からは橋立港が見えるんです。
d0101515_16415397.jpg


予約の段で、「とにかく、嫌になるくらいカニづくしで♪」とお願いしてあった。
ワクワクしながら、まっていたらまずは甲箱かにの登場です。

身はしっとりしていて、つまってて
内子がこぽこぽしてて、旨い!
あわせ酢なんか必要ないほど味があります。

つづいて、刺身の盛り合わせです。
ズワイかにの足・ひらめ・やりいか・おにがら海老(がす海老)の盛り合わせで
どれを食べても新鮮そのものです。
d0101515_164153100.jpg


グルメ番組でよくあるでしょ、こんな感じのショット。
「カニ足の刺身が、こんなに甘いなんて!うんめぇ~。」  とは、ユーマの弁。
d0101515_16415342.jpg


ド~ンと出てきたのが、ズワイガニの蒸し焼き。

耐熱の陶器のふたを取ったら、中からクラクラするようなイイ香りが立ち上がって
味噌がまた、格別です。まずは、別々に味わって 次に甲羅の中に身を投入!
d0101515_16415370.jpg



真打登場!!

ブルーのタグが眩しーい。
泡をぶくぶく出しながら、「おめーら、心して食えよ。」
d0101515_16415381.jpg


いい塩梅に茹で上がって、赤く化粧した橋立かに。

北陸のカニ漁場に、直線距離で一番近いとゆうことで 一番鮮度が高いとされています。

このあと、全員無言でむしゃぶりついたのは、言うまでもありません(汗
d0101515_16415399.jpg


最後の〆は、カニ身や外子・卵がはいった「おじや」だあ~。
上品な薄味で、これもトーゼン完食。
d0101515_16415379.jpg



このほか、ぶりの塩焼きとガス海老の煮物がついて
も~、ゆうこと無し。
この内容で、な、なんと @10000円なり

もう、行くしかないでしょ。

  # by carlo-k | 2007-02-14 16:41

晴天!

d0101515_13532589.jpg

朝から、い~天気!

そわっそわになりながら、河川敷にダッシュ!

今日は膝の調子がなかなか良くて
走りはじめから、イイ感じ。

写真は、犀川雪見橋からのアングルです。

祭日とゆうこともあって、ジョグやウォーキング
サイクリングや、犬の散歩の人など
かなり賑わっていました。

犀川大橋から上流の雪見橋まで、一気に走って
ターンして下流に8号まで。


久々に、ダラダラの汗かいて
気持ちいーーーっ!!!

  # by carlo-k | 2007-02-12 13:53 | プライベート

こいつに、はまってます。

d0101515_13542096.jpg

仕事が終わって、家に帰るとほぼ毎日
晩酌をします。

その時々で、飲む酒は違うんですけど
最近はワイン。

800~1300円くらいのを、赤・白
いろいろ試して飲んでますが、
嫁さんが用意してくれる料理を
食べ終わってから、登場するのが これ。

「ピエダングロア」

フランスのウオッシュタイプチーズです。


チーズは、結構好きなほうで色んなタイプの
ものをたべます。

北イタリアに住んでいたときも、近くのスーパーに行っては
見たこともない地元のチーズを、とっかえひっかえ買ってきては
野菜を焼きっぱなしにしたものや、卵・仔牛肉なんかと一緒に
食べてたなあ。

どちらかとゆうと、青カビタイプやセミハードが好きですが
こいつは、かなりヤバイ!

芳醇な香りと、こってりしてトロッとしたコクが素晴らしい~。

ウオッシュタイプは、『においが、どうもなあ・・・。』って方が
多いと思いますが、グロアはそのへんもやさしくて皮もなんなく
たべれますよー。

やっぱり、ちょっと重めのvino rossoとパン・ド・カンパーニュ
や全粒分のパンと合わせるとパーフェクトですが、野菜の浅ズケ
や焼き海苔なんかもGOODです。


そういえば、最近飲みすぎやなあ・・・。

  # by carlo-k | 2007-02-10 13:54 | グルメ

NYのファーストフード

多忙なニューヨーカーは、ランチをテイクアウトで済ませることが多いらしいが、
最近はヘルシーブームを背景に、健康を意識したランチが出現しているとゆう。

まずは、4~5年前に登場し東京でも見受けられる「トスサラダ」。

レタス、トッピング、ドレッシングを選ぶと、スタッフがその場でボールでまぜて
くれて、最後にプラスチックの容器にいれて出来上がり。
値段は、サイズとトッピングによって変わるが700~1300円程度。

肉や卵、エビなどの魚介類や豆など、栄養もボリュームもあって、かつヘルシー感
が魅力である。あと、スープ専門店も多いみたい。


一方、ヘルシー嗜好とは一線を画すのが「スナック自動販売機」。

一口サイズのハンバーガーや、コロッケなどが一つづつ入ってて
中は保温されている。

しかも、すごいのは一定の時間が過ぎると売れ残っている商品は破棄されて
新しいものが補充されるため、お客は常に調理したてを食べられるらしい。
商品はすべて2ドル。
深夜2時、週末は早朝4時まで営業してて人気爆発らしい。


しかし、儲かんのかなあ・・・・

  # by carlo-k | 2007-02-09 15:00 | グルメ

病院

d0101515_12593585.jpg

入院したスタッフのお見舞いに県立中央病院
にいってきた。

基本的に病院とはあんまり縁がないほうなので
たまに行ったりすると、患者さんの多さにビックリしたりする。

エレベーターホールの前に、
こんな掲示板をみつけた。

いわゆる「ユーザーの声」とゆうヤツで、
患者さんのいろいろな
声に、病院側が答えているものです。


さまざまなクレームや要望に、
非常に丁寧に答えてあり感心した。


「病棟に電子レンジをおいて。」とか、「屋上での喫煙者をなんとかしろ。」とか
「トイレがくさい。」とか「テレビ用のプリペイドカードの料金を安くして。」とか
いろいろあったけど、やっぱ一番多かったのが

       『笑顔』と『態度』

          です。

巨大な総合病院や役所などで、担当者のあまりの愛想のなさに思わず
閉口してしまった経験はだれでもあるのではないだろうか。

やっぱり人間同士、やさしい笑顔と誠実な態度はどんな時でも忘れないでいたいものだ。

  # by carlo-k | 2007-02-08 12:59 | プライベート

銘菓

d0101515_1632839.jpg

友人に、京都のみやげにと いただいた。

河道屋の「蕎麦ほうる」です。

ぼくは、以前京都に居たことがあって
このお菓子は、よくお茶受けなどに出てきて
よく食べたものです。

ほんわかした甘さと、ほどよい歯ごたえ
口解けのあとに残る余韻が、懐かしいです。



ああ、仕事忘れて京都でも
ぶらぶら散策したいなあ・・・・

  # by carlo-k | 2007-02-07 16:03 | グルメ

改装

d0101515_1529780.jpg

12年間、基本的なラインはくずさずに
がんばってきた本店を、思い切って
フルリニューアルすることにした。

いままで、小さな修繕工事は それこそ
山ほどやってきたし
4年前には、カウンターをそっくり入れ替えた。

建物自体が、明治初期の建築で
細かいことを言えば、きりがないんですが
天窓やぶっとい梁など、いまどきの
建物にはない風情とゆうか良さがあって
個人的には、とっても愛着があるんです。



開業当時は、それこそ

「ほかに、お店ご存じないんですか?」

って、聞きたくなるほど お客様で
あふれたものです。いや、ホントに。

それから、アッとゆう間に12年が経って
客層も、どんどん変化して来ました。

現在のメイン層は、アダルトからアッパー。

年齢でいくと、30代半ばから50代のお客様が増えてきた。
しかも、男性・女性の比率が5:5である。

これは、いろんな要因が考えられると思いますが
まずは、こういったお客様がもっと寛げる、居心地のいい空間・環境に
リニューアルしようと思ったのです。

工期があまり取れない事や、建物が古いことなど いくつかの制約はありますが

          「もてなす心」

 を表現できるよう、取り組んでいます。



2月12日から28日までは、改装工事のため本店の営業は
休ませていただきます。

  # by carlo-k | 2007-02-06 15:29 | 仕事

プレゼンテーション

d0101515_1524971.jpg
レストランは、いろんな取引業者さん
に支えられています。

そのなかで、コーヒーに関してはKEYCOFFEEさん
にお願いしています。
「旨いコーヒーを、提供したい。」
とゆう情熱が伝わってきて そうゆうところが
大好きで、もう15年以上お付き合いをお願い
しています。

今日は、newコーヒーマシーンのプレゼン。

これが、すごいんです。

コーヒー抽出の理想は、なんと言っても
ハンドドリップですが
このマシン、
その理想を実現させちゃったのです。

ドリップで大事なのは、お湯を「の」の字に注ぎ
蒸らしを繰り返す工程が、薫り高く味わい深いコーヒー
を抽出できるわけですが、
いままでのマシーンでは効率は良いけど、味がイマイチだったのです。

5月に新規出店する金沢駅店では、「旨いコーヒー」
にこだわりたいので、支社長にいろいろお願いしていたところ
つくっちゃんたんですね、KEYKOFFEEさんが。
さすが!
これは、強力な武器になるだろう。



しかし・・・
コーヒーの試飲で、おなかダブダブやあ。

  # by carlo-k | 2007-02-05 15:02 | 仕事

日曜の夜の出来事

前々から思ってて、なかなか実現できなかったトラットリアの
お昼のサービススタッフとの会食が、ようやくできました。

皆さん、それぞれの都合があるにもかかわらず
全員参加してくれて、とても充実した時間を共有できました。

今回は、春の人事異動で店長を筆頭に大幅に刷新する為
その説明や確認と、現場での問題点やぼくが考えてること
に対してのディスカッションを中心に、食べながら呑みながら
の会になって、アッとゆう間の4時間だった。

彼女たちは、最高です!

ものすごく、熱いです!

それぞれに、店に対して自分の思いをもっていてくれて
何よりも、自分たちが働く店を愛してくれている。

そのビームが、ビンビン伝わってきてホント幸せな気持ちに
なりました。

彼女たちの、熱い思いを受けて より一層お客様に愛される
レストランづくりに取り組んでいきたいと思いました。



ps:会の終わりごろに

  「BOSS、これ ちょっと早いけど皆からです。」ってチョコレートが。。。
  ダブルで幸せになりました。
  ともちゃん・村山さん・TAMA・さっちゃん・satomiちゃん・miyuki・まりちゃん・長田さん
  ほんとに、どうもありがとう!!!!

d0101515_15242.jpg

  # by carlo-k | 2007-02-04 23:30 | 仕事

ハルとべス

d0101515_1601659.jpg
もうすぐ、バレンタインデー。

 
この前、新聞の記事でこんなのがあった。

森永製菓が、「父と娘のバレンタイン意識調査」
をしたら、父がバレンタインデーに最もチョコを
もらいたい相手は、自分の娘で、
娘も「本命の次に贈りたい」相手は、自分の父と
考えている結果が出たそうだ。

だれからチョコをもらいたいかとゆう問いに
娘を持つ父の73%が、「娘から」と回答。
「妻から」の60.4%を上回ったそうだ。




一方、贈る側の娘は、
「本命以外で、誰にプレゼントしたいか」とゆう
設問に58%が「父に」と2位の男友達をおおきく
上回った。

森永製菓は、「意外なほど娘から父に贈る
パパチョコが定着している」とみて
今後の商品開発に生かす考えらしい。


森永製菓さん、
ハルは、贈ってくれますかね・・・・。

  # by carlo-k | 2007-02-03 16:00 | プライベート

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE