ことわる見識

d0101515_15531732.jpg



   先日
   ある飲食店に行った時のこと。


   ランチ時でほぼ満席の店内を
   小学校低学年ぐらいの2人の子供が
   テーブルを縫うように走り回っていた。

   堪りかねたお客の一人が
   「走っちゃダメだよ。」と優しくたしなめた。

   それでも
   その子達の親は
   そんなこともお構いなしにおしゃべりに夢中。

   ようやく
   店長らしき女性が
   その親のテーブルに行って子供に注意するように
   お願いしている。

   その直後に
   「俺は客だぞ!客に対して………」
   と、
   どうのこうのと 
   でかい声で
   逆に切れ出す始末。

   呆れたバカ親だと思っていたら、
   店長は毅然とした態度で
   「ほかのお客様に迷惑をかけてなにも感じないひとは
    私たちのお店のお客様ではありません!」
   とキッパリ。

   心の中で拍手喝采!!!


   お客様は
   どのお店を選ぼうと自由です。
   お店も
   どのひとをお客様と認めるかは自由です。


   ”ことわる見識”って
   大事ですね。




[PR]

  # by carlo-k | 2017-11-04 15:52

成長

d0101515_14413436.jpg



   その料理は「想像以上!感動以上!」ですか?

   作業ではなくて、仕事をしよう!


   って言い続けて、
   様々なアプローチで伝えるけど
   どうも上手くいかないなあ…。


   どこか他人事。

   自分しか見ていない。

   「価値を高める」ってことに対して
   考えているのかが見えない。


   んーん。



   まあ、
   自分自身がまだまだな証拠。



   思ったように事が運ばない時ほど、
   うまくいかない時ほど諦めずに
   前向きに!ポジティブに!


   大事なのは
   自分が成長すること!!




[PR]

  # by carlo-k | 2017-11-01 14:39

ビステッカ

d0101515_12310392.jpg


   塊の肉を
   じっくり火を通して食べるのが好きです。


   牛肉にかかわらず
   豚肉や鶏肉も
   遠火で焼き上げた肉の旨さは格別です。


   先日、
   薪火で焼き上げたビステッカを久々に食べました。

   和食では
   炭火をつかって食材を仕上げることは一般的だけど、
   西洋料理
   とくにイタリアンやフレンチには
   炭火の他に
   薪火を熱源とした調理法が伝統的に存在していることは
   あまり知られていません。



   むかし
   フィレンツェにビステッカ・アラ・フィオレンティーナを
   食べに行った時に、キッチンを見せてもらったら、
   薪がくべられた頑丈そうなトスカーナ暖炉と呼ばれる
   調理用暖炉をシェフが自慢げに見せてくれました。

   単純に
   炭火が良いとか薪火が一番だとかではなくて
   要はその食材をどんな状態で仕上げたいかで
   どちらの熱源を使うかをきめるわけなんですね。

   炭は燃焼時間が長く持続して、
   着火温度が高い特性があるから
   そこから出る熱量っていうのは
   一種のビーム光線のように鋭い点で素材にあたります。
   だから表面が一気に焦げてすぐに乾くから
   脂ののったリブロースやイチボーなどには最適だけど、
   赤身肉のような繊維の集合体は固くなりやすい。

   逆に、
   薪を焚いてつくる炭のおき火は
   素材に対してふんわりと面であたるから
   赤身肉や仔羊など
   表面がサクっと軽く焼けて肉汁が外に出にくいんですね。



[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-25 12:30

作業と仕事

d0101515_11394125.jpg
 



   「作業」とはズバリ、
   「ルーチンワークを言われた通りにこなすこと」です。
   どんなに丁寧に、真面目な態度であっても、
   上司や先輩に言われたことをそのまま形にしている
   だけでは「作業」の域を出ません。


   「仕事」とは何か。
   それは、
   上から指示されたことを完成させた上で、
   さらに「これでいいのか」と疑問を持って、
   自分なりの工夫を施していくことです。

   一つ一つの仕事が何に繋がっているのかという事を
   考えて行動することで仕事の理解が深まります。
   目の前にある仕事や指示された事を受動的にこなしていくのではなく、
   様々な事に対して能動的に、
   そして自発的に動いていくことが大切です。


   自ら考えて積極的に動くからこそ、
   その先にある大切な事に気づくことができて、
   それを繰り返すことで「自分の力」になるのです。

   必要とされるのは
   「自分で考えて動く」ことです。




[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-22 11:37

ベクトル

d0101515_11522417.jpg
  



   先日、
   若い料理人と数人で飲む機会があった。


   焼き鳥屋で他愛もない話をしながらレモンサワーを呑んで、
   二軒目のワインバーで
   3ん本目のメルローを注文した頃に
   隣にいたAくんが
   いきなり真面目な顔をして、

   「夢や目標を勝ち取るには、何が一番大事ですか?」
   って。


   そういう話は
   もっとシラフの時に聞いてよ…と思いながら。



   具体的に行動をおこすこと。

   目標に向かっている時って
   それに向かっている歩幅やスピード感が気になると思うけど、
   それって周りの環境など色々な影響がありますよね。
   すごい勢いで近づいてる時もあれば、
   ほふく前進や
   まったく前に進めてない時だってあります。

   だけど
   ベクトルの向きが自分の目指してる方向へ合っていれば
   それで良いと思います。

   要は、
   目標を決めたらブレずにベクトルを合わせること。

   思うように進まないと、
   「こっちじゃなくて、あっちかも。」と
   ほかの向きに進みたくなるものですが、
   少しずつでも、
   速度が遅くても
   ベクトルの向きが大切ですね。


   と、


   話しているうちに4本目のメルローへ(>_<)





[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-16 11:51

第30期 社員総会

d0101515_13160805.jpg

d0101515_13164622.jpg
d0101515_13172103.jpg
d0101515_13185335.jpg

d0101515_13182913.jpg

d0101515_13193531.jpg

d0101515_13195595.jpg

d0101515_13202643.jpg

[PR]

  # by carlo-k | 2017-10-06 14:10

知っておいてほしいこと

d0101515_13450084.jpg



 「売上を上げるにはどうすればよいか?」


  を考える前に


 「店の価値を上げるにはどうすればよいか?」


 「お客様に、
  うちの料理やサービスは価値が高いと
  感じてもらうためには、今なにをすべきか?」


  それを、
  とことん追求して
  お客様の目に見えないところから
  改善・改革していきましょう。


  手間をかけることをいかに楽しむか。


  お客様の喜ぶ顔を想像しながら。


  そうすれば、
  ジワジワとお客様が増えて
  売上が上がってくるに違いありません。



  お客様にとっての価値を上げるとは、
  そういうことです。




[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-30 13:44

初収穫

d0101515_13092529.jpg


   自社農園を立ち上げて約半年。

   クレソンやロメインレタス、
   水菜やハーブ類など
   ピカピカの無農薬野菜たちが収穫できました。




d0101515_13094043.jpg


d0101515_13095507.jpg


d0101515_13103705.jpg

d0101515_13103982.jpg


d0101515_13105786.jpg

d0101515_13105972.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-26 13:08

2017 クリスマスケーキ

d0101515_13081442.jpg

   もうこんな時期かって思うほど
   最近は時間の流れが早く感じます。

   レギュラーケーキの他の、
   新作ケーキの試食会。



d0101515_13081645.jpg

d0101515_13081833.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-25 13:07

デリバリー

d0101515_15374147.jpg


   商業施設にあるセレクトショップの
   オープニングレセプションで、
   オードブルとフィンガーフードのオーダーがありました。



d0101515_15374370.jpg

d0101515_15374519.jpg


[PR]

  # by carlo-k | 2017-09-18 15:37

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE